投稿

SOHOによる旅行会社の作り方8 - SOHOな毎日

イメージ
イメージ 今回はちょっと会社運営のあれこれから離れて、SOHOの日常について書いてみたいと思う。近年大企業でも「リモートオフィス(政府としてはテレワークという、海外では通じなさそうなカタカナを使っているが)」を導入するところが増えたそうだが、そもそもSOHOはリモートオフィスのようなものだ。それだけに日常の自己管理は重要である。

SOHOによる旅行会社の作り方7 - ウェブサイト制作

イメージ
イメージ SOHOで旅行会社を運営していくにはどうすればよいか?開業以来15年間、自ら試行錯誤してきたことをこのブログであれこれ綴ってきた。15年は短いようで長い。もっと書くことはいろいろあるのだが、旅行業へ進む人たちの何らかの指針にしていきたい。
ここまでは開業までに行ってきたことを中心に書いたが、今回は運営の核ともいえる当社のウェブサイト制作について書いてみようと思う。基本は「いつでも低コスト、自分でできることは自分で」だ。

SOHOによる旅行会社の作り方6 - 会社を支える柱

イメージ
イメージ いままでは起業のきっかけから開業まで、また開業後の実務的なことを書いてきた。出来るだけコストを抑えて会社を運営していくため、自分でできることは自分で行うことを念頭に置きながら、役所への書類提出から決算及び確定申告書類に至るまで行政書士や税理士に頼ることなく行ってきたことが、今後誰かの役に立てばと思いつつ綴ってきた。
そもそも、会社は資本金と場所さえ用意すれば誰でも起業することが出来る。ペーパーワークについては様々な本やネットでいくらでも参考になることが書いてある。問題は会社をどう続けていくかだ。自分自身も起業について、いくばくかの躊躇があったのはそこだった。それをどうやって克服していったかを書いてみようと思う。

SOHOによる旅行会社の作り方5 - 経理と決算

イメージ
イメージ 旅行業の経理業務は非常に細かい。一般的な会社の経理の場合、支払いはたいてい月末に集中している(と思う)が、旅行業の場合は旅行客から収受する旅行費用はたいてい申込金と残金とに分かれて入金され、収受した中から航空券代、宿泊代などその都度支払う。
以前は発券期限がないIT航空券が主流だったため、出発1か月前にその旅行に必要なもの(航空券代、宿泊代、観光代)を一時に支払うことが出来た。しかし近年は発券期限があるPEX運賃がほとんどのため、予約後一定期間内(たいてい3~7日以内)に航空券代を支払うことになる。出発は申込時の半年後という旅行を請け負うことはざらなので、1件の予約について支払期間が長期にわたる。だから一般的なキャッシュフローの概念は当てはまらないに等しい。

旅行業での経理実務を行うためには何が必要か、またどうすべきか。

Googleアドセンスで収益をあげるためにすべきこと 1 ~ 管理画面を理解する

イメージ
イメージ Googleアドセンスは、Googleが提案するコンテンツ連動型広告配信サービス。様々なASP(アプリケーション・サービス・プロバイダー)があるが、アドセンスもその一つだ。ユーザーがサイト内に設置した広告をクリックすることでブログ管理者に報酬が入る仕組みで、1クリックに対する報酬の単価が高いことでも知られている。そのためアドセンスを申請する人は多いものの、現在はオリジナルドメインのサイト(サブドメインのサイトは不可)しか申請することが出来ない。またその審査内容も厳しく、ネット上ではアドセンの承認を得るまでの難しさがあれこれ議論されている。

TOP