Manjaroの軽量版Mabox Linuxは速い・軽い・ローリングリリース|ざっくりLinux!- 97

Mabox Linux

DistroWatchでは相変わらず人気のManjaroだが、そのManjaroを軽量化し使いやすくした、Mabox Linuxというディストリビューションがあることを知った。

まだ、最初のリリースから2年ほどしか経っていない新しいディストリビューションだが、普段使いのOSとして、これから注目されるだろう。

インストールは簡単だが、日本語環境・入力の設定には少し手間がかかるので、詳しく説明したい。

起動はわずか20秒の軽量ディストリビューション

Mabox Linuxは、ポーランド生まれのArch系Linux。

敷居が高かったArch Linuxに、GUIを取り入れたManjaroは人気となったが、それをさらに軽量化・高速化している。また、ウィンドウマネージャにOpenboxを取り入れることで、軽量化を図っている。

Openboxについてウィキペディアで調べると、なんだか難しい説明ばかりだが、要するに軽量化を図ったウィンドウマネージャのこと。ビジュアル的には、以下画像のように、右クリックでスクリーン上のどこでもメニューを開くことが出来るjgmenuが、大きな特徴と言えそうだ。

Mabox Linux Openbox

インストールに要するシステム要件は以下の通り(Mabox Linux Forumより)。

  • 1 GB memory
  • 30 GB hard drive space
  • 1 GHz or better CPU

Manjaroのシステム要件が、

  • 2GB RAM
  • 30 GB of Hard disk space
  • Minimum of 2 GHz processor

なので、Mabox LinuxはプロセッサもRAMもより軽量となっている。

そして、インストール後の起動にかかる時間は、わずか20秒だった。Gnome Boxesへのインストールなので、クリーンインストールとは状況が違うが、おそらくクリーンインストールでも他のディストリビューションよりも速いことは想像できる。

インストーラは英語表示のままが無難

インストールは、他のディストリビューションとほぼ変わらない。

Mabox Linux公式サイトのDownloadボタンをクリックすると、Sourceforgeページ(ダウンロードサイト)へジャンプする。
ここでDownload Latest Versionをクリックすれば、ダウンロードが始まる。isoファイルのサイズは、2.2GB。

isoファイルをBalena EtcherなどでUSBに焼き付け、そのUSBから起動すると「Welcome to Mabox」の画面となる。

ここで日本語を選んだりすることが出来るのだが、Maboxには日本語に対応するフォントがまだ入っていないため、文字化けしてしまう。

なので、英語のままインストールを進めた方が無難だ。英語のままでも、特に気をつけるところはない。画面の指示通りに進めば、インストールは完了する。

念の為、英語のままのインストーラのスクリーンショットを掲載しておく。

Maboxインストーラ1

Maboxインストーラ2

Maboxインストーラ3

英語のインストーラだがキーボードは日本語を選んでおく

Maboxインストーラ4

Maboxインストーラ5

Maboxインストーラ6

Maboxインストーラ7

Maboxインストーラ8

日本語環境・日本語入力設定

Mabox インストール後画面

インストール完了後再起動した画面は、上の通り。画面右にはConkyが、左にはよく使うショートカットキー一覧が表示されている。

日本語環境設定

インストール時は英語のまま行ったので、まずは日本語環境を設定しよう。

起動時に画面中央に開かれているWelcomeウィンドウから、Install Popular Appsを開く。

Mabox日本語環境設定1

カテゴリ別にインストール可能なアプリが並んでいるので、Extended lanbguage supportのカテゴリを開く。そして、Manjaro Asian Input Support FcitxまたはIbusどちらか好みの方を選んで、右上のUPDATE SYSTEMをクリック。途中いろいろ聞かれるが、全てOKで進める。インストールが終わったら、OKでここは終了。

次に、Menu→System→Add/Remove Softwareを開き、検索窓から「fonts」と打って検索する。ここでさまざまなフォントがリストアップされるので、好みの日本語フォントを入れておこう。

Mabox フォントインストール
ここではnoto-fonts-cjkを選んでインストール。

その後、メニューからMabox Control Centerを開き、Locale Settingを開く。開いたウィンドウでAddをクリックし、日本語(ja_JP.UTF-8)を選択してシステム言語に設定する。

Mabox Locale setting

日本語入力設定

次は、日本語入力設定。

再びAdd/Remove Softwareを開く。今回はfcitx-mozcをを検索し、インストール。

最後に、ファイルマネージャのホームディレクトリの隠しファイルを表示させ、「.bashrc」を開く。

Mabox 日本語入力設定
このファイルの最後に、

export GTK_IM_MODULE=fcitx
export XMODIFIERS=@im=fcitx
export QT_IM_MODULE=fcitx

を加え、保存。この書き方は、QubeOSの日本語化の時にやったものと同じだ。

全てが完了したら、一度ログアウトし再ログイン。これで表示は日本語となり、mozcによって日本語入力も可能となった。

Mabox Linuxの総評

日本語環境と日本語入力の設定が面倒だが、上記の通りひとつひとつ進めれば、設定できる。

必要最低限のアプリしかインストールされていないので、自分が使いたいアプリを入れて、軽快なパソコンライフを体験しよう。

コメント