Manjaroはなぜ人気か?最新のKDEで検証してみた|ざっくりLinux!- 63

Manjaro KDE Plasma

Manjaroは、MX Linuxとともに相変わらずの人気だ。

前回はXfceを試してみたが、いまいち人気の理由がわからなかった。Arch系ローリングリリースの便利さに、GUIを加えたManjaroは、確かに使いやすく、Linux初心者にも優しいディストリビューションだ。

しかし、それだけでこれほど、人気が続くものだろうか?

今回、最新バージョン21.0がリリースされたので、今度は、最近ハマっているKDE Plasmaにて再度人気の理由を探ってみた。

理由その1 最初から日本語表記

前回もそうだったが、今回最新バージョンの21.0 KDE Plasmaをインストールしてみて感じたことは、

インストーラが最初から日本語表記

だということ。

USBにて起動したLive画面こそ英語だが、インストーラを開くと、なぜか最初から日本語表記だ。

インストールしたロケーションを、自動的に読み取っているのか?

公式サイトのダウンロードページでは、地域ごとのミラーサイトといった、ダウンロード元の指定が何もない。それでも、インストールしたファイルで起動すると、インストーラは日本語で表示される。

これは、Linux初心者に優しい設定だろう。

そして、インストーラ自体も、何も疑問に思うような設定・選択はない。指示通りに進めば、インストールは終了する。

しかし、インストーラが最初から日本語のディストリビューションは、他にもたくさんある。これだけでは、Manjaroの人気の理由にはならない。

理由その2 インストール後の日本語設定が簡単

インストール後は、やはり若干の設定作業を要する。その点では、インストール直後から日本語で利用できる、Ubuntuには敵わない。

しかし、やたら設定が難しいディストリビューションよりは、日本語環境設定は、はるかに簡単だ。

日本語表示の補完

今回はKDE Plasmaなので、設定は「KDEシステム設定」から行う。

左側メニューから「言語パッケージ」を選択し、「利用可能な言語パッケージ」タブで、「パッケージのインストール」を行う。

Manjaro 日本語設定

日本語入力

次に、起動時に開く「Manjaro Hello」から、「Applications」を選択。

Manjaro 起動画面

次画面で「Manjaro Asian Input Support Fcitx」を選択して、チェックボックスにチェックする。

Manjaro 日本語入力1

Manjaro 日本語入力2

開いたウィンドウで、「fcitx-mozc:日本語」「kcm-fcitx: KDE configuration module」を選択すると、Mozcがインストールされる。

ここまで済んだら、ログアウト・ログインで、日本語環境の設定は完了だ。

理由その3 端末は不要

Xfce同様、KDEでも端末を使うことはほぼない。小難しいArch系でありながら、ManjaroはGUIが充実しているのだ。

というよりも、Xfceよりグラフィカルで、ユーザーフレンドリーなKDEは、もはや端末は不要なくらいだ。

画面右下のArch版ソフトウェア「Pamac」アイコンをクリックすると、Manjaro独自のリポジトリによるソフトウェアが立ち上がる。トップバーの「アップデート」では、カーネルから各ソフトウェアまで、最新版に更新が可能だ。

この役割のツールは、他のディストリビューションにもあることなので、何もManjaroに限ったことではない。

「Pamac」にはない、サードパーティのソフトウェアも、前回同様「tar.zst」ファイルを右クリックし、「ソフトウェアのインストールで開く」を選択すれば、端末を使用することなくインストールが可能だ。

では、反対に、端末を使わなければならないことは何か?

これは、どのディストリビューションでもそうだが、何か問題にあたった時に、ネットで調べたことを実行する時だろう。どんな問題・トラブルかによって、使いたかも変わる。

しかし、端末を使わずに普段使いできるディストリビューションは、他にもいろいろある。

理由その4 やはりローリングリリース

いろいろ考えると、Manjaroが人気な1番の理由は、やはりArch系のローリングリリースにあると思う。

Arch Linux自体は、例え使いたくても、Linux初心者には難しい。だが、GUIが充実したManjaroなら、気軽にローリングリリースを体験できる。

インストール用イメージファイルは定期的にリリースされるが、これはパッケージ集合の最新スナップショットに過ぎず、各リリースごとにユーザの移動を奨めるものではない(ウィキペディアより)。

そのため、以前にインストールしたものでも、日々のアップデートにより、大掛かりなバージョン・アップグレードが不要なことは、大きな利点だ。

ここまでくれば、Manjaroが初心者にも優しく、日々使い勝手が良いディストリビューションだということを理解できる。

しかし、人気ランキングのトップクラスに居続けるための、決定的理由ではないようにも思える。

理由その5 Xfceの軽量さが決め手か?

最後に、KDE Plasmaを使ってみて分かったことは、改めてXfceが軽量で使いやすいということ。

上述の通り、KDEはXfceと比べても、ユーザーフレンドリーなGUIだ。WindowsやMacに慣れてきたユーザーも、違和感なく使用できる。

だが、やはりKDEは、少し重たい、というか、アニメーション的な動作が、Linuxのヘビーユーザーには敬遠されるのかもしれない。

その点、Xfceであれば、余計なアニメーション動作はないので、サクサク動く。

Manjaroの人気の理由をまとめると…

つまるところ、Manjaroの人気の理由は、

  • 最初から日本語で利用可能
  • 端末を使う必要がない、ユーザーフレンドリーなGUI
  • ローリングリリース
  • Xfceの軽量さ

これらがミックスされて、人気を保っているのだろうと、勝手に解釈した。

ちなみに、Fedora好きの筆者は、最近Fedora版KDEをインストールして、気持ちよく使っている。Fedoraはローリングリリースではないが、RedHat系の先進的ディストリビューショとして、いち早くカーネルやソフトウェアが更新され、いつも最新バージョンを利用できる。

それに加えて、GnomeよりユーザーフレンドリーなKDE Plasmaは、やはり使いやすい。

気になる人は、Fedora KDE Plasmaもお試しあれ。

【ざっくりLinux!のおすすめ本】

コメント