これも東北復興の手伝いとなるか? - 中越&東北4県周遊旅行④

【愛宕山公園から見る飯坂の街並み】
カンニング竹山さんが、ご自身の出演するTV番組で、3.11東北大震災に関する報道のあり方について語った。
毎年その時期になると必ず昔の映像を流す報道に、福島の人達が「もうやめてくれ、我々は前を向いて歩きだしているんだ」と言っている人がいるということ、その上で「福島、東北も全部そうですけども、今楽しく笑顔で暮らしている人がいっぱいいるんですよ。」といったそうだ。それなのにメディアは今でも「つらいでしょう、大変でしょう」としか報道しない。
この言葉を発した時自分はそれを見ておらず、後からこの言葉を聞いた。以前から竹山さんの東北に対する接し方に共感を持っていたが、この時の竹山さんが発した言葉を聞いて、まさにその通りだと思った。

イタリアのラクイラへ出かけた時もそうだ。東北の震災の2年前、ラクイラで起きた地震はこの町を壊滅的にした。しかし、自分が訪れたときはたくましく復興を続けていた。そして誰も特別扱いしてこの町の人たちと接することはなく、住む人も訪れる人も普通に観光の町ラクイラをとらえていた。

今自分達にできることは、ボランティアでなくてもたくさんある。竹山さんが行っているように、ふと思い立った時に福島をはじめとした東北へ出かけ、普通に昔からある各土地の恵みを体験すること、それが小さくても何か復興の手伝いになると思い、実行している。気が付くと、出かける時は必ず福島を訪れることありきの旅行になっている。

今回の東北旅行の真の目的は、復興の手伝いとか何かしなければ、という気負った考えではなく、ただただ「東北へ出かけること」だった。

3日目 飯坂温泉~福島~仙台~山形

前置きが長くなったが、すっかり飯坂の名湯を堪能した翌朝は少し時間があったので、飯坂をぶらぶら散策してみることにした。旅館の大女将ご推薦の「愛宕山公園」へと向かう。
この大女将については、以下を読んでほしい。

これも東北復興の手伝いとなるか? - 中越&東北4県周遊旅行③

今回は令和改元の10連休を利用して出かけた新潟と東北3県を巡る旅だ。初日は季節外れの寒波と雨だったが、念願の只見線乗車が叶った。2日目は只見線のほぼ真ん中、会津宮下から会津若松まで再び只見線に乗車し、東山温泉でちょっと豪勢な川床ランチのあと、飯坂温泉まで移動する。

最近ハイキングやトレッキングに興味があるので、これくらいの山ならなんてことないと思ったが、たった10分程度で登ることが出来る山は傾斜がかなりきつかった。

頂上には愛宕神社があり、その敷地は飯坂を一望できる見晴らし台になっていた。

その後駅から曲がりくねった一本道になっている坂道を上ってみる。坂の上はちょっとした広場になっており、木造建築の共同浴場・鯖湖湯と、そのわきに建つ、やはり木造の旅館、ほりえや旅館があった。GWでなければ、この旅館にも止まって見たかったが、おそらく満室だっただろう。


その後、この地方の豪農の邸宅、堀切邸を散策して、飯坂線の駅まで戻った。

竹山さん絶賛のラーメン伊達屋

3日目の予定はその竹山さんが絶賛しているラーメンを食べること、そして自分にとってまだ道の山形へ出かけることだ。そのラーメンとは飯坂線沿いの上松川駅近くにある。旅館を出てからぶらぶらしたのは、ここの開店時間に合わせるためだ。

駅から歩くと、店の前にはすでに多くの人が開店を待っていた。そして到着してからも、次々と車で、歩いて訪れる人が絶えない。こんな小さな店構えで、どれだけ待つのだろう。
普段行列には一切並ばないが、あの竹山さんが絶賛するラーメンだ、時間もあるし待ってみよう。

しかし、自分達の番が来るまで2時間かかった。整理券などはないので、この場を離れるわけにもいかない。また、まわりは特に目を引くようなところもなく、暇をつぶすことも出来ない。
だが、2時間待ったかいがあった。それがこれ。


正統な醤油ラーメンだが、味の表現のしようがないくらいうまかった。知りたい人は、直接出かけるしかない、とにかく絶品のラーメンだった。

幻の「十四代」と同じ蔵の山形地酒

あとは福島駅へ出て、高速バスを利用し山形へ向かうのみとなった。山形までは一度仙台へ出て、そこからシャトルバスのように30~1時間に1本出ている予約不要のバスに乗れば到着できる。

山形駅に到着し、駅前のホテルへチェックイン。さて、山形の夜はどこへ行くのが良いか?

駅近くに長屋酒場という、山形の名産やB級グルメが集まったところがあるらしいが、ここはどうも観光地化しているようだ。おまけに又雨が降ってきたので、たまたまホテルに飲み物割引クーポンが置いてあった反対側の住宅街にある「ホルモン居酒屋 てんま分店」へ行ってみた。山形牛のホルモンだ、それは美味いに違いない。

同じ年くらいの店長は、初めて山形に来たというととても愛想よく接してくれた。勧められるままにおすすめホルモン3品盛りで乾杯。
村山地区の地酒を中心に置いているとのことなので、勧められるままに出してもらったのが以下画像の2点。


なんでも山形の銘酒「十四代」と同じ蔵の地酒だという。とはいってもその名前を聞いたことはなく、店長の説明によると出荷本数が非常に限定されていて、地元の人でもなかなか手に入れることが出来ない幻の酒らしい。
日本酒のことはあまり良くわかってはいないが、それほど貴重な地酒と聞くと、一層美味に感じた。

駅前のホテルに戻って、3日目が終了。

2019-7-15追記 4日目 山形~仙台~東京

4日目も朝から雨。今年のゴールデンウィークは天気が良くない。

ホテルをチェックアウト後、駅前のバスターミナルへ。30分に1本出ている仙台行きの高速バスで仙台へ向かい、牛タンを食べる予定だ。

1時間少々で仙台中心部に到着したのだが、市内は連休のため渋滞だった。市内中心部到着から20分ほど遅れて、バス停に到着。すぐに歩いて以前行った「牛タン炭焼 利休 東七番丁店」へ。雨にもかかわらず、昼時もあって行列が出来ていた。それでも20分ほどで店の中に入れ、2階のカウンター席へ。

ところが以前1階のテーブル席で食事をしたときとは、てんで対応が違う。どうも昼時なのでランチの定食優先で、牛タンとビールといった客は歓迎ではないらしい。「あれは夕方から、これはランチ時は用意していない」という対応に、牛タン1皿食べて早々に店を出た。利休は店舗によって対応が違うようなので、次回は違う店舗に行ってみよう。

このままでは仙台を離れることはできないと、バスの時間ぎりぎりまでもう1軒探し、「銀座ライオン 一番町店」に入る。昼間の営業のラストオーダーまで30分ほどだったが、利休とは大違いの対応の良さに、すっかり満足。ここはチェーン店なので「銀座」と名前に着くものの、地元の人達には「仙台ライオン」として親しまれているらしい。

すっかり満足して駅前のバスターミナルへ移動し、そのままバスタ新宿までのバス旅で、東北周遊旅行は終わった。
スポンサーリンク

コメント