旅行会社スタッフが行くイタリア出張記 - 13日目 ペスカーラ~ヴェネチア

venezia

散策したヴェネチア・リアルト橋周辺

この出張記第1日目に書いた通り、今回の旅行は成田~ヴェネチア往復直行便利用が条件の航空券から始まっているので、帰国のため再びヴェネチアへ戻らなければならない。
2014年4月から運航してきたヴェネチア直行便は、航空会社の販売戦略の都合で2015年3月末にわずか1年で運航休止となった。この先いつヴェネチア直行便が再開するかわからないが、非常に貴重な体験をしたものだ。
スポンサーリンク




再びヴェネチアへ

スルモーナ到着からペスカーラまで、わずか5泊6日のアブルッツォ滞在はとても収穫があった。「アブルッツォには本当のイタリアがある」という言葉どおり、大都市のせわしなさがなく、どの町でも人々が実にのんびりしていたのが印象的だった。また、スローフードを掲げるイタリアの中心地ともいえるくらい地産地消の生活が密着している印象を受けた。

それはさておき、再びヴェネチアへ。ペスカーラからヴェネチアまではフレッチャビアンカで約5時間、この旅の最後の鉄道移動だ。レイルパスも8日間のフレキシーパスを最大限使い切ったという充実感がある。

frecciabianca

ペスカーラを11:15に出発しヴェネチア・サンタルチアに16:10着という、いつランチを取ればいいの?という移動だ。こういうときは車内での食事を楽しみに乗車だ。
レイルパスは1等なので、これまで乗車してきた特急同様1等車両へ。このフレッチャビアンカは少々古い車体のようで、1等座席もさほど普通車と変わらない。

frecciabianca2

座席の様子

frecciabianca3

日本の新幹線同様コンセントがある

乗車早々お腹が空いたので、ビュッフェカーへ。

frecciabianca4

このおじさんが一人で切り盛りしているが、そんなに混んだ車両ではないので問題なさそうだ。どんなものがあるか聞いたら、アブルッツォの地ビールを積んでいるというのでそれを頂くことにした。そして食事はラザニアとビーフのマスタードマヨネーズソースがけを頼んだ。食事はおじさんの後ろにある電子レンジでチン、なかなかオツだ。

frecciabianca5

frecciabianca6

frecciabianca7

レンチンのビュッフェはどうかというと...、これがなかなか美味。
スポンサーリンク



バーカロで“最後の晩餐”

ヴェネチアに到着の後、初日同様徒歩でホテルへ。初日に宿泊したホテルでも良かったのだが、出来るだけ多くのホテルの視察もしたいので隣のHotel Continentalへ宿泊することにした。

チェック神の後、一通り室内の撮影を終えたところで着替えて町へ。サマーシーズンのため、いつもより余計に混み合っている水上バスに乗ってリアルト橋まで移動した。この近くに今晩の目的地、人気のバーカロCantina do Spadeがある。本来バーカロは“はしご”してなんぼの楽しみだが、イタリア最終日の夕食なので1軒でじっくり落ち着いて食事をしようと決めてきたところだ。

店の入り口

店内の様子

バーカロでの食事の様子は以下をご覧いただきたい。

オーダーメイド美食の旅 イタリア|シチリア アマルフィ アブルッツォ ヴェネツィア
1軒のバーカロでおなかはちょうど良い感じなので、まだまだ日が暮れないイタリアの夏を楽しみながら、バーカロならぬバールをはしご。2週間の視察兼夏休みの旅が終了した。

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

TOP