Bodhi Linuxは32bitも64bitもメモリ1GB以下で超軽量!|ざっくりLinux!- 99

Bodhi Linux 6.0.0

今、Linux界隈で賑やかなのは、CentOSの後継ディストロについてだが、それに続くのがBodhi Linuxだ。

なぜBodhi Linuxが、今人気なのか?

その理由を探ると、32bitも64bitもメモリ1GB以下で動作する、超軽量でありながら、自由にカスタマイズできるOSだからということが見えてきた。

Minimalな環境からカスタマイズできるBodhi Linux

Bodhi Linuxは、アメリカで開発されたDebian, UbuntuベースのLinuxディストリビューション。最新バージョン6.0.0は、Ubuntu 20.04LTSがベースになっている。

Bodhiはサンスクリット語の「菩提」、デスクトップに採用されたMokshaは「解脱」を意味し、このディストリビューションの思想は、最小限の基本的な環境を提供するというもの。
つまり、デスクトップもアプリも必要最低限のものしかインストールされず、ユーザーの好みによって自由なカスタマイズが可能なディストリビューションということになる。

最初のリリースは2011年、以後コンスタントにアップデートを続けているところを見ると、安定した開発ベースがあるのだろう。

Bodhi Linuxの最大の特徴は、とにかく軽量であること。インストール時のシステム要件は、

32bit版

  • 500MHz (Non-PAE) processor
  • 512MB of RAM
  • 5GB of drive space

64bit版

  • 1.0GHz processor
  • 768MB of RAM
  • 10GB of drive space

と、いずれも1GB以下のメモリで動作するという軽量感。ただし、インストーラの動作環境は、512MBでも動作するが、理想は1GB以上とされている。ひとたびインストールが終了すれば、いずれも512MBで動作するという優れものだ。

軽量である理由は、Mokshaデスクトップによるところも大きい。Enlightenmentというデスクトップのフォークであるが、それを安定化させたものがMokshaデスクトップで、豪華でアニメーションを取り入れたUIでありながらメモリの消費量が少ないことが特徴だ。

メモリ1GBの条件でBodhi Linux6.0.0 64bitをインストール

上述のシステム要件下でBodhi Linuxを検証するには、相当古いPCを使うのが一番だが、今回は手っ取り早くGnome Boxesを使い、システム要件を落としてインストールすることにした。

Bodhi Linux公式サイトより、64bit版Bodhi Linux 6.0.0のisoをダウンロードし、インストール。isoのファイルサイズは、872.4MBと小さい。

起動すると、言語設定、キーボード設定が表示されるので、ここで日本語を選択。その後ライブ画面が起動。日本語で表示されるが、フォントが美しくない。後で変更することにしよう。

画面左上のインストーラをクリックすると、インストーラが起動する。

インストールは非常に簡単だ。いつもの通り、インストーラのスクリーンショットを載せておく。

Bodhi Linux 6.0インストーラ1 Bodhi Linux 6.0インストーラ2 Bodhi Linux 6.0インストーラ3 Bodhi Linux 6.0インストーラ4 Bodhi Linux 6.0インストーラ5 Bodhi Linux 6.0インストーラ6 Bodhi Linux 6.0インストーラ7 Bodhi Linux 6.0インストーラ8

Bodhi Linuxの日本語環境・日本語入力設定

インストール終了後再起動した画面は、上記の通り。システムの更新のお知らせは自動で表示されないので、ターミナルで

$ sudo apt update
$ sudo apt upgrade

をしておく。

メニューをはじめ、日本語表示になってはいるが、まだ不完全なため、

メニュー→アプリケーション→設定→Language Support

で、日本語環境を整える。

Bodhi Linux 6.0 日本語環境

これが終了すると、Fcitx-Mozcがインストールされ、日本語入力も可能となる。

Bodhi Linux 6.0 日本語入力

次にフォントを整える。

Bodhi Linux 6.0フォント1

Bodhi Linux 6.0フォント2

メニュー→設定→設定パネル→外見→フォント

を開き、「フォントの設定」ウィンドウの「カスタムフォントクラスを有効にする」にチェックを入れると、好みのフォントが選べるようになる。

これで日本語環境が整った。

Gnome Boxesでかなり低スペック環境に設定したが、64bitにおいては、何のストレスもなく使用できる。

アプリはとにかく少ない。それでも、Synapticパッケージマネージャがインストール済みなので、ここからGUIモードで各種アプリをインストールすることができる。デフォルトのブラウザはChromiumだが、これもストレスフリーでブラウジングが可能だ。

Bodhi Linux5.1.0 32bit Legacyもインストールしてみた

32bit版の軽量感も確認するため、Gnome Boxesの同条件下でBodhi Linux5.1.0もインストールしてみた。isoのファイルサイズは、64bit版よりさらに小さい783.3MB。

インストールの様子は64bitと同様なので省略。

Bodhi Linux 32bit

再起動後の画面は上記の通り。なぜか、32bit版はフォントが最初から整っている。すでに日本語入力設定はできており、半角/全角キーで日本語入力の切り替えができる。

64bitのようなLanugage Supportがなく、メニューなど英語のままなので、「日本語表示」でググった結果、以下にてセッティングしていく。

まず、メニュー→Settings→ModuleでSettingを選択。

Bodhi Linux 32bit日本語化

ここでLanguageを選びLoad

この後メニューより

Settings→Setting Panel→Lanugage→Language Settingsを開き、以下画面の通り日本語を選ぶ。

Bodhi Linux 32bit日本語化2

これで64bit同様、日本語環境・日本語入力が整った。

Bodhi Linux 32bit日本語

Bodhi Linuxの総評

Bodhi Linuxは、32bitも64bitも日本語環境の設定は必要ながら、一度設定が済んでしまえばとても使いやすいディストリビューションだった。とにかく軽量で、1GB以下のメモリでもサクサク動く。

アプリは最低限しか入っていないので、Synapticパッケージマネージャで必要なものだけを入れて使うことができる。

Mokshaデスクトップは、思いのほか美しく使いやすい。

もし、古いパソコンが手元にあるならば、迷わずBodhi Linuxをインストールすべきだろう。

コメント