Pop!_OSはなぜUbuntuより人気なのか|ざっくりLinux!- 56

Pop!_OSデスクトップ

最近、DistroWatchでトップ10内に位置し続けるPop!_OSは、UbuntuベースのLinuxディストリビューションだ。

一見何の変哲もなさそうだが、今や本家を抜いてトップ3に迫る勢いだ。

それは何故か?を調べるため、今回もクリーンインストールして調べてみた。

Pop!_OSについて

Pop!_OSは、米国のSystem76というコンピューターメーカーが開発したディストリビューション。

この会社のサイトを見ると、確かにラップトップ、デスクトップ、サーバーなどを販売している。そして、販売用PCにインストールされているのが、このカスタマイズされたPop!_OSだ。

AMDとNVIDIAの両GPU(グラフィクス処理ユニット)をサポートしていることにより、ゲームPCとしてセットアップするのが簡単と言われている。近年、e-スポーツが注目されていることもあり、ゲームに特化したOSも注目されるのだろう。

最大の特徴は、Auto-Tiling With Pop Shellというタイル型ウィンドウマネージャだ(後述)。

WindowsやMacにはよく見られるもので、複数のウィンドウを重ねることなく、タイルのように画面に列挙するシステムのこと。

例えば、画面左でエディタを開き、画面右で動作状況をブラウザで確認できるので、プログラマーなどは助かるだろう。今のところ、他のLinuxディストリビューションでは見たことがない。

デフォルトで暗号化インストールとなっており、ディスク全体をロックすることができる。

これにより、他人に自分のPCを勝手に操作される心配がなく、なおかつファイルの読み書きも速くする。もちろん暗号化なしでのインストールも可能だ。

通常のUbuntuによるOSアップデートに加えて、ローリングアップデートを兼ね備えているので、常に最新の状態で使うことができることもセキュアな一面だ。

あわせて、自動ファームウェアアップデートでは、System76ハードウェアのソフトウェア設定からアクセスでき、これらの更新によって、コンピューターに対するセキュリティリスクの脅威を、迅速に排除するのに役立つ(公式サイトより)。

元々、開発者向けに開発されたOSのため、アプリケーションは最低限のものしか入っていないが、その分カスタマイズが自由だ。

あくまで公式サイトのトップページに書かれていることだが、これが人気の要因なのだろうか?

インストールは英語のままが鉄則

インストールファイルは、Pop!_OS 20.10と、20.04LTSの2通りを用意してあり、今回はLTSをインストールすることにした。システム要件は以下の通り。

2GB RAM, 16GB storage, 64-bit processor

さっそく、公式サイトよりisoファイルをダウンロードの上、USBに焼き付けた上でライブ画面を起動する。

しかし、起動後の画面は、何やらおかしい。

設定でディスプレイを見てみると、200%になっているので、これを100%に戻してから、インストールを開始する。

設定画面

インストーラは言語選択が可能だが、ここで日本語を選択すると、何故かインストール完了まで辿りつかない。

何度かやってみても状況は同じなので、ネットで調べてみると、同様のトラブルにあった人がいて、アドバイスしてくれている。そこでは、インストールは英語のまま進め、再起動後に日本語環境を整えるのが良いとのこと。

以下、インストール画面のスクリーンショットを順を追って貼っておく。

英語のままだが、特に難しいことはなく、むしろ簡単だ。尚、ユーザーとパスワードの設定は再起動後に行う。

Pop!_OS インストーラ1

Pop!_OS インストーラ2

Pop!_OS インストーラ3

【キーボードも最初は英語のまま】

Pop!_OS インストーラ4

【今回はクリーンインストールを選択】

Pop!_OS インストーラ5

Pop!_OS インストーラ6

【ディスク暗号化の確認画面】

Pop!_OS インストーラ7

【ディスク暗号化のパスワード設定。このパスワードを忘れると2度と起動できなくなる】

Pop!_OS インストーラ8

Pop!_OS インストーラ9

Pop!_OS 20.04 LTSの日本語環境とカスタマイズ

日本語設定

再起動後の画面は見慣れたGnomeデスクトップだ。

Welcome画面にて、ユーザー設定、ユーザーパスワードを設定する。それ以外はスキップ。

その後、左上のアクティビティから「System」–>「Language Support」を開く。

すぐに不足している言語サポートファイルのインストールが始まる。

それが終わったら、「Language for menus and windows」にて、「日本語」を一番上までドラッグして移動させる。

次に、Regional Formatタブを開き、これを「日本」にして保存。

日本語環境設定画面

日本語については、上記作業によりIbus-mozcがインストールされるので、画面右上のIbusセッティングを右クリックし、「mozc」を選択すれば、入力が可能となる、はずだったのだが、そう簡単にはいかない。

設定の「Keyboard」で表示されている言語以外に、プラスをクリックして「日本語」–>「mozc」を選んでおく必要がある。

これで再起動すれば、日本語入力が可能となる。

fcitx-mozcが好みの場合は、端末からインストールする必要がある。

カスタマイズ

最初に、いつも使っているアプリケーションとして、プリ・インストールされていないSynapticパッケージマネージャとGnome-Tweaksを、端末からインストールする。久しぶりの「apt install」だ。

pop!_os 端末
その後、FireFoxにてGnome Shell Extensionsを開き、Floating dockをインストールする。Gnomeデスクトップでは、やはりこれがあるとないとでは大違いだ。

Floating dock設定
Tweaksでは、拡張機能にてインストール済みのFloating dockの設定を行う。筆者はいつも開きっぱなしの設定にしている。また、ウィンドウタイトルバーにて、タイトルバーボタンの最大化、最小化を表示させる。

Gnome Tweaks

メールソフトがないので、Synapticパッケージマネージャから、Thunderbirdと言語パッケージを同時にインストール。

Pop!_OSのソフトウェアセンター「Pop!_Shop」では、英語版のThunderbirdしかインストールできないからだ。

synaptic package manager

【背景は変更してある】

その他必要な、サードパーティのソフトウェア(Google ChromeやクラウドストレージのMEGAなど)は「.deb」形式のインストールファイルをダウンロードし、右クリックで「Eddyでインストール」を選べば、簡単にインストールできる。

ソフトウェアのインストール

Auto-Tiling With Pop Shell

カスタマイズ後、さっそくPop!_OS最大の特徴であるAuto-Tiling With Pop Shellを試してみる。

画面右上のウィンドウアイコンをクリックすると、以下画面となる。

Auto tiling

ここで「Tile Windows」をオンにすると、開いているウィンドウを重なることなく、自動で並列させることができる。

使ってみると、思いのほか使いやすく便利だ。

下画像のように左側でエディタのVisual Studio Codeを開き、右側でライブビューイングを開けば、ウェブサイトの編集時は便利だろう。

Auto tiling windows
また、Auto-Tilingの下にある「ショートカット」では、Auto-Tilingと併用すると便利なショートカット集がデフォルトで用意されている。

例えば、ウィンドウの切り替えは「Superキー(多くはWindowsマークのキー)」+「/(スラッシュ)」で、以下のような切り替えウィンドウが立ち上がる。アプリの切り替えはすぐにできるし、検索窓でアプリケーション名を打ち込めば、使いたいアプリを起動させることもできる。

Keyboard shortcut

まとめ

まだ細かい設定はわからないが、ここまでで既にPop!_OSを利用する価値があると実感する。セッティングさえ済ませてしまえば、Linux初心者にも使いやすい。

ゲームに特化した、デュアルGPUサポートとディスク暗号化による処理速度高速化により、Gnomeデスクトップにしては非常に軽く、快適に作業ができる。

起動させるときに、ディスクロック解除、ユーザログインの2回のパスワード入力が面倒といえば面倒だが、セキュリティ、プライバシーを重視したOSと思えば、これくらいは苦にならない。

Fedoraのような、革新的なセキュリティ更新とアップデートも使いやすい。

一方Ubuntu系では、DistroWatchの人気ランキングが示す通り、このPop!_OSが初心者にもLinuxヘビーユーザーにも使いやすいOSなのかもしれない。

【ざっくりLinux!のおすすめ本】

コメント