LinuxデビューはUbuntuかLinux Mintか|ざっくりLinux!⑭

Linux Mint Image
【Krator Omen [GPLv2], from Wikimedia Commons
よく、WindowsユーザーがLinuxへ移行するときに違和感なく使えるディストリビューションはUbuntuだと言われている。確かにLinuxでのシェアはNo.1、日本語ページもあり、わからないことはすぐにネットで調べることができるので、何かと安心だ。

しかし、Windowsユーザーだった筆者がいくつかLinuxのディストリビューションを試してきた結果選んだのは、Linux Mintだった。
理由は「Windowsユーザーが最もとっつきやすいLinuxディストリビューション」ということだ。

理由1 - Linux Mintは軽量ディストリビューション

筆者がLinuxを使おうと思い立ったとき、最初にインストール位したのはUbuntuだった。とにかくみんなが使っているものが、最も使い勝手が良いだろうと判断したからだ。
しかし初めてだったこともあり、使いこなすのに悪戦苦闘した。その時はバージョンが12.4で、Windowsとのファイル共有設定がやたら難しかった(今のバージョンは問題なく共有設定が可能だ)。また、まだまだコマンドを使用しなければ設定できないことが多かった。

その後、Windowsに近いと言われるZorin OSに変えてみた。確かにUbuntuよりは使いやすそうだったが、その当時はまだ日本語サポートが充実していなかった。

スペックが低い古いPCに入れようとしたこともあり、Ubuntu、Zorin OSともに重すぎて使えなかったことも、諦めた理由のひとつだ。

その後、より軽量なディストリビューションを探した結果、Linux Mintに辿り着いた。確かに低スペックでも使うことができる。これなら、実験用の低スペックPCではなく、実務で使用しているPCでも問題ないだろうと実感した。
このディストリビューションの推奨システムは、以下日本語公式ページで確認できる。
ホームページ | Linux Mint Japan

理由2 - UbuntuとLinux Mintの外観比較

Windowsユーザーは、そのユーザインタフェースが最も気になることだろう。なので、さっそくUbuntuとLinux Mint両方のデスクトップ画面を見てもらおう。

Ubuntu 19.10 Eoan Ermine

Linux Mint デスクトップ

上がUbuntu、下がLinux Mint、最も大きな違いはメニューボタンとツールバーの位置だ。

UbuntuはどちらかというとMac に近く、メニューは画面左、ツールバーは画面上部だ。それに対し、Linux Mintは左下のメニューをクリックすると、Windows7に近いメニューがプルアップする。また、ツールバーは画面下部にあり、使用しているアプリのタグの並び方までWindows7そっくりだ。

これならWindows7のサポート終了でまだ路頭に迷っているWindowsユーザーでも、使いこなせるだろう。事実、現在筆者はこれで全く違和感なくサブPCとして使用している。

フォルダのスクリーンショットも見て欲しい。色は違うが、これはもうWindowsだ。なんなら、コントロールセンターから外観の設定を選べば、Windowsブルーに近いフォルダに変更することができる。

カスタマイズが自由なのも、オープンソースの強みだろう。この辺はUbuntuも同様だ。反対に、Windowsでは他のOSに寄せていくことはできないはずだ。




違和感なく使えるオフィス系ソフト

WindowsユーザーがWindowsから脱却できない最大の理由は、オフィス系ソフトだろう。世の中のビジネス文書のほぼ90%はMS Officeでできていると思われているに違いない。

しかし、実際にWindowsから脱却してLinuxとMacに変えた筆者の感想は、ほとんど問題ないということだ。反対に、MS Office使用時に鬱陶しかったオートフォーマットはLibreOfficeでは気にならない程度しかなく、特に文書アプリはLibreOfficeの方が使いやすいくらいだ。

UbuntuにもLinux Mintにも、インストールしたらすぐに使えるオフィス系ソフト、LibreOfficeがデフォルトで入っている。最新のバージョンではないのでアップグレードする必要はあるが、MS Officeと互換性があり、すぐに仕事を始めることができる。

以下はWord, Excel, Power Pointに替わる各アプリのスクリーンショットだ。アイコンのスタイルのデフォルトはElementaryというものだが、Windowユーザーが迷わないようにColibre(SVG)に設定してある。特に表計算の時には、このアイコンが使いやすいだろう。

Linux Mintで使えるLibreOffice Calc

Linux Mintで使えるLibreOffice Writer

Linux Mintで使えるLibreOffice Impress

オフィス系ソフトについては、UbuntuとLinux Mintに差はない。

【関連記事】
仕事でPCを利用する際最も使うのが、オフィス系アプリケーションだろう。Windowsしか御存じない方は、間違いなく文章作成にはWord、表計算にはExcel、プレゼンテーションにはPower Pointを利用していると確信する。だが、近年オフィス系アプリケーションは様々な種類があり、それぞれ互換性があることをご存じだろうか?今回はLinuxを導入する際最も考えるべきオフィス系アプリ、LibreOfficeとOpenOfficeについて、ざっくり書いてみよう。

まとめ

オフィス系ソフトはUbuntuとLinux Mintに差はないが、上記理由1、2の通り、これからLinuxを始めるなら、軽量でWindowsから違和感なく変えることができるLinux Mintに軍配が上がる。

その他、LinuxにはRed Hat系や日本で開発されたディストリビューションなど様々あるが、Linux Mintは「はじめの一歩」的なLinuxディストリビューションと言えるだろう。慣れてきたら、以下に紹介しているいろいろなディストリビューションを試してみるのも良いと思う。

【関連記事】
Linuxのディストリビューションは、その用途やハードウェアのキャパシティにあわせて選ぶことが適切だが、実はデザイン性にも優れているものが多い。よく「初心者向けディストリビューションベスト10」といった紹介ブログが多くネット上で紹介されているが、「ざっくりLinux派」としては、見た目からディストリビューションを紹介してみようと思う。これからLinuxを初めてみようという人は、参考にしてみて欲しい。
パソコンのOSのほとんどは海外から輸入されたものが多いが、Linuxについては日本でも多くのディストリビューションが開発されていることをご存知だろうか?日本で開発されているので、当然日本語が標準で何かと使いやすいだろう。そこで日本で開発されたLinuxディストリビューションをいくつか紹介する。

コメント