温泉旅館矢野の「のりだんだん」に魅せられて出かけた道南の旅①

レストラン矢野外観
日頃「水曜どうでしょう」の旅のスタイルに興味津々の筆者は、当然のことながら「おにぎりあたためますか」もよく見ている。その中の「道南の旅」シリーズで紹介された、松前の温泉旅館矢野の「のりだんだん」が気になって気になって仕方がないので、思い立って道南へ行ってきた。2003年の十勝沖地震後の復興で函館を訪れて以来、実に16年ぶりである。

松前は松前漬で有名だがマグロも有名で、毎年「松前城下マグロ祭り」が行われている。2019年は3連休の9月22日開催だ。当然そんなピーク時に旅館など早くから満室だろうと思ってネットで調べていたら、運よくその温泉旅館矢野に1部屋空きが出た。これは「道南へ行け」と言われているようで、すぐに予約。この旅館の部屋確保から、今回の旅は始まった。

連休の北海道行き、足はどうする?

旅館の予約が出来たことで浮かれていたが、ふと落ち着いて考えてみる。

連休であることに変わりはなく、間際(計画したのは番組の再放送を見た9月はじめ)で飛行機など取れるわけがない。「水曜どうでしょう」の影響で、ここ最近はあえてバス旅を選んでいるので、今回もバスで移動しようと調べると、なんと東京~青森のバスと青森~函館のフェリーを組み合わせた「函館きっぷ」というものがあった。東京~青森間のバスは深夜バス、4列の格安バスと独立3列シートの個室タイプのリクライニングシート・バスから選ぶことが出来る。これを使って道南まで行こう!

ところがそんなに甘くはない。3連休に合わせた便はすでに満席だった。すでに旅館は予約してしまったので、あきらめるわけにはいかない。「函館きっぷ」は帰りであれば予約できそうだ、それなら行きだけ何とかしよう。

次はJR、ちょっと高いが今は北海道まで新幹線で行くことが出来る。これならどうだと調べてみたら、意外に空きがあった。松前は道南の中でも最南端、函館の手前の木古内まで新幹線で移動し、そこから路線バスを使う。

道南まで出かけてたった1泊では、せっかくのマグロ祭りもゆっくり見ることが出来ない。そこでもう1泊は函館で宿泊し、その後「函館きっぷ」でゆっくり寝ながら東京まで帰ることにした。運よく、翌日の函館も連休ながら「辺見旅館」というイカ料理が自慢の旅館を予約することが出来た。これでどうにか2泊4日(車中1泊)の旅の形は出来た。

1日目~一番の目的「のりだんだん」

朝6時、東京駅を出発した北海道新幹線は10時過ぎには木古内駅に到着した。ちょうど台風17号が発生し、出発した日は九州方面に上陸するかどうかというときだったが、北海道は晴れ。駅前の道の駅で一休みし、路線バスを待つ。木古内から松前までは約1時間半、ひたすら路線バスは走る。そして昼過ぎ、やっとのことで松前に到着した。バス停の真ん前は海、津軽海峡だ。近くには道の駅もある。ここから旅館までは歩いて5分ほどだ。

松前の海

ここでもう一度、今回の旅の目的を整理しよう。
温泉旅館矢野で「のりだんだん」を食し、翌日は松前城下マグロ祭りでマグロをたらふく食べることだ。そしてまずは第一の目的、「のりだんだん」から。目的達成のため、バス停から一目散に旅館へ向かう。翌日がマグロ祭りだというのに、聞こえるのはパチンコ屋のやかましい音のみ、それ以外はとても静かな町だ。町の人も観光客もほとんどいない。

「のりだんだん」は旅館と同じ棟の「レストラン矢野」で食べることが出来る。旅館は「いかにも旅館」という建物感だが、レストランの入口は味がある(冒頭画像)。だが周囲に人もいないので、何となく入りにくい。それでも目的のため、ドアを開ける。すると入り口付近には客はなく、奥に地元の人らしきグループが食事をしているだけ。

どうも入りにくい。本当にここでよかったのだろうか?と思わせる感じだ。

声をかけると、奥から女性スタッフが出てきてくれて一安心。運ばれてきたメニューを見て、まよわず「のりだんだん」(定食?)と生ビールをオーダーした。遅めの夏休み初日だ、ビールくらい飲みたくなる。
そして念願の「のりだんだん」が運ばれてきた。付け合せはやはり松前漬、そして茎わかめの漬物とみそ汁だけだ。これで1,350円、普通に考えたらちょっと高めと思うが、一口食べて料金も納得。

のりだんだん

これが念願の「のりだんだん」だ。松前で獲れる寒海苔(2月ごろの収穫)を使った2段の海苔弁当、これを松前の人達は「のりだんだん」と呼んでいるという。温泉旅館矢野だけのオリジナルメニューではないが、この旅館の「のりだんだん」が有名になったのは、冒頭に書いた「おにぎりあたためますか」で北海道のスター、大泉洋が絶賛したからだ。
シンプルな海苔弁当なのに、醤油と寒海苔の味わいは、まるでいくら丼を食べているかのような贅沢な香りがする。

後で若女将に聞いたのだが、春海苔ではこの味は出せないらしい、あくまで寒海苔を使うということだった。収穫量も少ない寒海苔は、春海苔と並んで道の駅でも販売していた。寒海苔は5枚で3,500円、とても高級な海苔の値段だ。

これで今回の旅行の目的は半分以上達成したようなもの、とっても満足な昼食だった。

温泉旅館矢野

この旅行を実現させてくれたのは、「のりだんだん」を提供する温泉旅館矢野の部屋が、3連休にもかかわらず一部屋空いたから。その旅館矢野では、夕食にも朝食にもメニューとしてこの「のりだんだん」は出していない。

では、なにがこの旅館の売りかというと、松前の味覚と丁寧な仕事に尽きると思う。

夕食時、テーブルごとに若女将が挨拶に来てくれ、いろいろ話を聞かせてくれた。その時に言っていたように、旅館自体は少々古く目新しい施設は何もない。だが、どれも丁寧に清掃し使っているのが良くわかる。部屋も特別ゴージャスというわけでもないが、清潔感がある。大浴場も同様だ。

そして待ちに待った夕食。今回の宿泊プランは旅館公式ウェブサイトから予約した、

【公式HP限定】竹プラン【若女将おすすめ 海の幸と郷土料理】松前蝦夷あわび・本マグロ付き

というもの。

温泉旅館矢野の夕食

プラン名通り、夕食にはマグロと蝦夷あわびに加え、イカの姿煮にウニの茶わん蒸しなど、松前の料理がテーブルに広がる。そして少し驚いたのは根ホッケのチャンチャン焼きだ。北海道では鮭以外にもチャンチャン焼きにするのだと初めて知った。旅館オリジナルの冷酒とともに頂く。

根ホッケのチャンチャン焼き

その後運ばれてきた松前の郷土料理の極みは、くじら汁。一言でいえばけんちん汁にくじら肉が入ったようなものだが、なぜかとても懐かしい味がした。

松前の郷土料理くじら汁

そして最後のごはんもので、にしんそばの小椀といっしょに運ばれてきたのが、これまた小椀の「のりだんだん」。小椀なので2段にはなっていなかったが、昼間食べたものと全く同じ味にまた出会うことが出来た。

にしんそばとのりだんだんの小椀

すっかり満足した食事で、旅の1日目が終わった。

<つづく>
スポンサーリンク

コメント