これも東北復興の手伝いとなるか? - 中越&東北4県周遊旅行②

【旅館の部屋から見る只見川】
日頃の疲れを癒すため温泉に入ることが目的のひとつだった今回の東北の旅では、タイプの違う2軒の旅館に宿泊した。どちらも非常に満足したのだが、それぞれいろんな体験があったので旅の記録として書いておく。まずは只見線沿線、奥会津の会津宮下温泉だ。日程の続きは次回に詳しく書こう。

宮下温泉 栄光舘~至れり尽くせりの宿

宮下温泉 栄光舘
この旅館を選んだのは、只見線沿線でゴールデンウィークに予約できた唯一の温泉、という単純な理由だ。ホームページもなく、奥会津のポータルサイトで紹介しているのみ。ピーク時にしては1人15,000円くらいという割とリーズナブルな宿泊代には「何かわけがあるのかも?」と思ったが、案の定大浴場が改装中とのインフォメーションがあった。そのため料理をアップグレードするというプランだ。予約確認のメール内容は以下の通り(原文のまま)。なんだかとても至れり尽くせりのようだな。

【訳ありの理由】
大浴場改修の為、離れの温泉をご利用下さい。また、車で2分の姉妹店「ふるさと荘」の源泉掛け流しの温泉もご利用いただけます。(送迎あり)

日本の原風景が残る奥会津へようこそ
<奥会津 栄光館でしか味わう事の出来ない料理>
★近年話題★三島地鶏の陶板焼き♪(※冬期は鍋)会津坂下産 桜さし(馬刺し)
奥会津の旬の食材を堪能♪ 訳ありの為、お料理グレードアップいたします。
当館は山々に囲まれた、すぐ下を川が流れる、大変静かな一軒宿です。  

すべてのお部屋で、四季折々美しいく変化する景色や花々を眺めながら、時間が止まったかの様な静かな時間を過ごしていただけます。
また、国内外からたくさんのカメラマンが来ている、日本経済新聞プラス1で、撮り鉄が全国3位に選んだ、美しい第一只見川橋梁ビューポイントに、一番近い宿です。周り一面の銀世界、少しずつ雪が溶けてふきのとうが出始め、ようやく芽吹きの頃となり、カタクリの花々と桜が同じ頃咲き始め、新緑の美しさ、初夏は幻想的な川霧やホタルも見られ、紅葉の美しさに目を奪われます。
この美しい奥会津へいらして下さい。
♪お料理
~夕食一例~
三島地鶏の陶板焼き             
会津坂下産 桜刺し(馬刺し)
秋の味覚会津の芋汁  
あゆの塩焼き
にしんの山椒漬け
湯葉刺し
金山町の刺身こんにゃく

※鶏肉や、馬刺しが苦手な方はお魚の刺身へ変更可。事前にご連絡くださいませ。
【お食事処】
大広間にてお食事いただけます。
全てテーブル席です。
膝が弱い方にも安心してお食事をお召し上がりいただけます。
【栄光舘の内湯】【3月9日オープン予定】
何と言っても、自慢の温泉♪一度、入りに来て下さい!   
奥会津の宮下温泉は、炭酸水素塩・硫酸塩・塩化物の3つの成分が一つになった温泉、湯上り後はさっぱりとしていて湯疲れしません。
【ふるさと荘の温泉】
お湯はかすかに濁みで体感するほどの塩味の泡つきはなく、温泉らしいかすかな優しさです。また入りたくなる、癖になるいい温泉です。
それでも只見線沿線で温泉に浸かれるのであれば、あとは特に望まないと思って予約した。

…宮下温泉到着までの道のりは以下に。

これも東北復興の手伝いとなるか? - 中越&東北4県周遊旅行①

東北の震災以来、自分にできることは何かを常に考えて、東北で生産されたものを進んで購入したり、めったにではないが、時間が出来たら東北を旅行してきた。とりわけ旅行業に携わるものとしては、旅行で何か微力ながら手伝えることがないか考えたが、考えつくのは「そこに行く」ことだけだ。だから今年もゴールデンウィークを利用して、新潟経由で福島、山形、仙台をめぐる旅行をした。

当日雨に打たれながら会津宮下駅から歩いている途中、我々を拾ってくれた女将の車で旅館に到着。建物は最近改装されたらしく、現在改装中だという大浴場も現在ボーリングを進めているので、近々リニューアルオープンできるという。敷地から見える只見川の向こう側には別館があり、そこの大浴場は利用できるというが、この雨ではそこまで行く気がしない。
この日の宿泊客は我々と8名のグループのみらしく、今ならそのグループが利用する前なので家族向けの内湯が利用できるというので、勧められるままに利用させてもらった。家族風呂とはいってもけっこう広めの浴槽とこぎれいな洗い場で、これなら別館まで行かずともここで十分だ。
お湯は予約確認メールに書いてあった通り、とても気持ちよかった。

アップグレードの食事はボリューミー

さて、訳ありプランのためのアップグレードされた夕食はというと、わざわざ個室を用意してくれた。時期がまだ早いため鮎の塩焼きはなかったが、これでもかというほどのボリューム。だが、普段の生活ではなかなか食べることが出来ない山の恵みが盛りだくさんだった。三島地鶏の陶板焼きはとても歯ごたえがあって美味、馬刺しが日本酒に合うことが初めてわかった。

夕食のお膳
三島地鶏と蟹(奥会津でなんで?)
馬刺しは地酒と
女将さんは奥会津の地酒を紹介してくれるが、実は対して呑んだことはなくお客様の反応を活かして、その日のおすすめ地酒を用意していると暴露した。その日のお勧めは以下の3つ。爽やかな呑み心地が風呂上りにとても良かった。特に会津若松の地酒「飛露喜」は、勧められたとおりの美味だった。
会津地酒の飲み比べ
会津若松の地酒「飛露喜」
前日と打って変わって、翌日は快晴。角部屋の客室から、穏やかに流れる只見川が見える。そして朝食もかなりボリューミーだ。この日は東山温泉の川床ランチを予約しているので、控えめにしておきたかったが、勧められるままけっこう食べてしまった。
天気が良いので、車での送迎を断って駅まで歩いた。なんだか去るのが惜しい旅館だった。ちなみにまだカード決済に対応していなかったので、現金でお支払い(2019年4月現在)
スポンサーリンク

コメント