アルビ|フランス|絵になるヨーロッパの街並み

仕事で出かけたヨーロッパの街並みの写真を撮りためたものがかなりある。会社のウェブサイトやブログに掲載したものもあるが、大部分は資料としてハードディスクに保存したままだ。それを少しずつこのブログで紹介していくことにした。

ヨーロッパの街並みはどこも絵になる。絵を描く人たちのツアー添乗員として同行し、その人達がスケッチする後ろから同じ画角で撮影したり、自由な時間を利用して街歩きをしながら撮りためた。絵もカメラも素人だから大した画像はないかもしれないが、紹介する画像から素敵なヨーロッパの街並みを感じ取ってほしいと思う。

最初に紹介するのは、フランス・オクシタニー地域圏タルヌ県のアルビ。以前はミディ・ピレネー地域圏といわれていた「フランスの美しい村々」認定の村が点在する美食の地域だ。これ以外の余計な情報はあえて紹介しない。画像から「アルビ」を感じ、空想で旧市街を散策して欲しい。

ここで紹介する画像はすべて画像修正ソフトを使用することなく、撮ったままのものだ。少し古いが、カメラはNIKON COOLPIX P80で撮影している。

世界遺産 アルビの司教都市

アルビの象徴、サント=セシル大聖堂。トゥールーズ=ロートレック美術館、タルヌ川にかかるポン・ビュー(古い橋、トップ画像)とあわせて「アルビの司教都市」としてユネスコ世界遺産に登録された。

ポン・ヴューを右手に、対岸を望む。

サント=セシル大聖堂奥にあるRestos arqueológicos(考古学史跡)よりÉglise de la Madeleineを望む。古い石造りのアーチを額縁に見立てて撮影した。

上の画像を撮影したRestos arqueológicosはこんな感じ。

アルビ旧市街

大聖堂へ続く通り沿いの建物。アルビの建物はみんな、この地方で採れた赤土で作られた煉瓦を木を組んで建てているため赤い建物ばかり、バラ色の街といわれている。アーチの中は下画像のようになっている。

煉瓦造りの旧市街の町並みで、最も美しいと言われるカステルヴィエル通り。細い路地なので撮影に苦心しても、結局こんな程度。

そのカステルヴィエル通りから大聖堂を見上げた様子。

アルビ旧市街の中心、Association pour la Sauvegarde du Vieil Alby前。このアングルは、アルビを訪れた人なら誰でも撮影しているだろう。

その他のアルビ

タルヌ川にかかる鉄道橋。水面に映るアーチ形の橋も赤い煉瓦造り、全てが光線によって様々な赤に映る。

カフェで休憩中に撮った女の子の写真。無邪気な様子に魅かれてシャッターを押した。

アルビくらいの規模の街にはメリーゴーラウンドがあることが多い。筆者も様々な町で様々なメリーゴーラウンドを撮影した。それは後々紹介するとしよう。

これは水位の異なる川を航行する船を上下させる閘門と呼ばれるもの。英語ではロック(Lock)という。カオールにも同じような装置があった。
スポンサーリンク

コメント