ウィンブルドンを楽しもう!~その2 | ウラの裏

ウィンブルドンを楽しもう!~その2

ウィンブルドン センターコート

以前から、ロンドンは雨が多く、ウィンブルドンのセンターコートに開閉型屋根がなかった頃は、雨天順延ばかりだった。しかし、開閉式屋根が新設されたおかげで、その心配はなくなった。

前回に引き続き、自身が知っているウィンブルドンを、少しだけ紹介していく。

今回は、メインゲートから入場して会場全体を歩くとこんな感じ、といったところを紹介しよう。

メインゲート~No.1コートまで

ウィンブルドン メインゲート

今はどの大会でも、手荷物検査が大変厳しくなってきた。

メインゲートで、荷物チェックを受ける。ここから入ると、目の前にはセンターコートの建物が見える。

左手にはOrder of Playのボード、そして右手入り口わきには、チケット・リセールのボックスがある。

チケット・リセールボックス

これは、早く帰る観客が、自分のショーコート(センターコート、No.1、No.2コートなど)チケットを、「もう観戦しないから」と入れて帰るためのボックス。午後5時以降は、そのチケットを券面額より安い値段で再販されるのだ。

訪れた当時、再販価格は5ポンドだった。

そのまま、センターコートを左手に見ながら進むと、まずセンターコートの建物1階にフードコート、右手には出店のようなものが並んでいる。ここで、名物ストロベリー&クリームなどを買うことが出来る。

ウィンブルドン フードコート

その先には、正面にNo.1コートの大きな建物が見えてくる。

ウィンブルドン No.1コート

No.1コートの正面を左に曲がると、よく日本人選手が試合を行う17,18番コートがある。ちょっとした観客席があるので、身近で応援が出来るのが特徴だ。

17, 18番コート

わかりにくいが右手が17,18番コート

マレーマウント

そのまま右手に進むと、地元っ子がピクニックをしながらテニス観戦をする、通称「マレーマウント(最初に訪れたころはヘンマン・ヒルと呼ばれていた)」に辿りつく。

マレーマウント

訪れた時は天気も良く、多くの地元っ子がピクニックをしていた。

ちなみに、ウィンブルドンの入場券は、数に制限があるため入手が難しい。そのため朝早くからみんな並んで手に入れるのだ。

入場券を持っていれば、ショーコート以外のコートは自由に観戦できる。反対に、ショーコートチケットを持っていると、自分の指定席があるコートはもちろん、その他のショーコート以外のコートで自由に観戦できる。

会場全体のマップはウィンブルドンの公式サイトを、また、ここまでの様子を、お粗末ながらビデオに撮ってあるので、以下参照。

Youtubeにアップしている当社(©Flight Ltd.:flight2010)の動画

その他

一般的に、ウィンブルドン名物として知られているのは、ストロベリー&クリームだ。

しかし、大人には大人のウィンブルドン名物がある。

それはPimm’sだ。

Pimm's

英国人が誇るという、ジンベースのリキュールをレモンスカッシュで割って、ミントの葉を添えると出来上がる。近年、暑くなってきたウィンブルドンの時期には、最適の飲み物だ。

前回紹介した、観戦パッケージを申し込むと利用できるクラブハウスでも、Pimm’sは飲み放題。こちらのほうが、少し品よく出される。

Pimm's 2

また、ウィンブルドンのロゴマークが入ったものは、お土産として会場内で販売されているが、これはなかなか、というものがあった。

ウィンブルドンのロゴマーク入りシャンパン

ウィンブルドンのロゴマーク入りシャンパンだ。

日本に持ち帰るのは大変困難だろうが、その場で、または宿泊ホテルで飲むには良いだろう。空きビンを持ち帰るだけでも、良いウィンブルドン記念になりそうだ。

まとめ

ちょうど大会開催中だったので、テニスの最高峰ウィンブルドンを2回にわたって紹介してきたが、これはほんの一部である。

本来、ウィンブルドンと言えばセンターコートを指すくらい、センターコートがテニスの聖地である。これを観ずして、ウィンブルドンに来たとは言えない。センターコートについては、ウェブサイトやTVで見るのではなく、是非現地に足を運んでみてほしいので、あえてここでは紹介しない。

毎年大会が終了した月(7月)には、翌年のウィンブルドン観戦パッケージが早割で販売開始される。他の大会なら、間際でもチケットを取れるかも知れないが、ウィンブルドンのセンターコートだけは早くに入手すべきだ。

手前みそだが、当社でも毎年7~8月には翌年の料金をウェブサイトで公開しているので、来年ウィンブルドンに行こうと考えている人は、以下をご覧いただきたい。

コメント