シチリア・アマルフィ・アブルッツォ旅行記10日目 |タリアコッツォ~ペスカーラ

tagliacozzo
イタリアの最も美しい村々のひとつ タリアコッツォ
2週間のシチリア・アマルフィ・アブルッツォ旅行もはや10日目、この日はスルモーナのホテルをチェックアウトして、アブルッツォでの次の拠点ペスカーラへ向かう日だ。イタリアには「イタリアの最も美しい村々」に登録された個性豊かな美しい村が各地にあり、アブルッツォにも訪れたい村がある。そのひとつがタリアコッツォだ。たいていの美しい村々は交通の便が悪く、レンタカーがないと訪れることが出来ない村が多い中、このタリアコッツォには駅があり、鉄道で容易に訪れることが出来る村のひとつである。

イタリアの最も美しい村々の一つ、タリアコッツォ

スルモーナ滞在最終日、タリアコッツォへ日帰りで訪れた。次の宿泊地ペスカーラへの移動があるので、夕方までスルモーナのホテルでスーツケースを預かってもらい、ローマ方向への列車に乗って出発。あいかわらず落書きされたままの列車だ。

普段、旅行業を営む筆者がフランスやイタリアの美しい村々にこだわるのには理由がある。常に新しい魅力ある町や村を訪問地として紹介しようにも、まだまだ知らない町や村はたくさんある。そんな時、一つの指針になるのが「イタリアの最も美しい村々」協会だ。歴史的価値があり、やみくもに町を開発することなく中世のままの景観や家並みをかたくなに保存している村に、この称号が与えられる。その審査は、一度称号を得ながらその選定条件から外れるとリストから外されてしまうという厳しいもので、それだけにどこを訪れてもけっして"ハズレ"がない。

現在、アブルッツォ州には23の登録された村があり、マルケ州(28)、ウンブリア州(27)、トスカーナ州(25)、リグーリア州(24)に次いで登録数が多い。また、その審査基準からユネスコ世界文化遺産と重なることも多い。近年日本からの訪問客も多い、チンクエ・テッレ(「5つの土地」という意味)のうちのヴェルナッツァはその一つだ。反対に、永遠の観光地ヴェネツィアがあるヴェネト州は、わずか10の村しか登録されていない。

フランスもそうだが、イタリアの美しい村々にはそれぞれ村名のサブタイトルとも言うべきものがあり、そして村の名前の由来がある。公式サイトを英語で読むことは大変でも、サブタイトルを見るだけでも、その村がどんなものかがおおよそわかるので興味深い。公式サイトでは、全ての村が画像付きで詳細を案内しているので、興味がある人は訪れてみてはいかがだろうか。

ちなみに、今回訪れたタリアコッツォのサブタイトルは「The ancient capital of Marsica(マルシカの古都)」というそうだ。マルシカというのはイタリア中部、アブルッツォのことを指す。また、タリアコッツォという名前の由来は、ラテン語の「talus(Cut:「切る」の意味)」と「cotium(Rock:「岩」の意味」に由来し、山を切り崩してできた村ということらしい。たしかに下の画像を見ると、その由来がよくわかる。


タリアコッツォの詳細については、筆者の会社のブログで詳しく紹介しているので、良かったら下記を読んでみて欲しい。

私が訪れたイタリアの美しい村々 - タリアコッツォ アブルッツォ州

筆者自身が添乗員として実際に訪れた美しい村を紹介するこのシリーズでは、これまでに8つの村を紹介してきた。しかし今回は添乗員としてではなく、アブルッツォ州をはじめとしたイタリア視察旅行で訪れた美しい村、タリアコッツォを紹介する。

ペスカーラ到着

朝、スルモーナを出発してタリアコッツォを1日取材したのち、再びスルモーナへ。鉄道移動も慣れてきた。
ペスカーラ行きの列車は夕方以降も何本かあるものの、暗くならないうちにペスカーラに到着したいと思い、預けておいたスーツケースを引き取りにスルモーナのホテルへ。時間があまりないので、歩ける距離だがタクシーを利用した。

フロントでスーツケースを受け取ると、待たせておいたタクシーに積んで再び駅へ戻り、どうにか予定していたペスカーラ行きの列車に間に合った。フロントには昨晩日本語で対応してくれた女性スタッフがいたのだが、十分なお別れの挨拶もせずに出てきてしまったのが多少心残りだった。

スルモーナからペスカーラまでは1.5時間ほど、夏の夕陽が完全に暮れる前に到着できた。ペスカーラはアブルッツォの玄関口、アドリア海沿岸の大都市で空港もある。

駅前のSL

ホテルへ向かう大通り


駅をでて、徒歩で予約していたホテルへ向かう。大通りを曲がると、ちょうど駅を出て約10分ほどで見つけられた。建物の1階にはインターネットカフェのような店が入っている。

早速チェックインを済ませてしまおうとすると、その店の前にいたおやじたちが我々に向かって口々に何か言ってきた。どうやらそのうちの一人が片言の英語を話せるらしく、

「今はホテルのスタッフがいないから、電話をしたほうがいいよ」

と、ホテル入り口を指差して言った。

「スタッフがいない?」...どういうこと?

いわれるままホテルの入り口に進むと、セキュリティでロックされた鉄の門に紙切れが貼ってあり、そこに電話番号が書いてあった。いわれるままその番号に電話をする。

「申し訳ない、ミスター○○○、10分くらいで行くからちょっと待っていてください」

「...OK...」

急いではいないものの、一日歩きまわって疲れていることもある。「イタリアだしこんなこともあるだろう」と思いつつ、その間1階の店の前におかれたテーブルとイスで一休みさせてもらうことにした。すると、英語を話せるおやじの一人がお決まりの質問。

「どこから来たの?」

「日本です」

「そう、この隣の緑の壁のアパートには日本人の女性が住んでいるよ」

「へえ、そう」

「いいスーツケースだね、クラシックだ」

「...ありがとう...」

なんの会話だろう?

だが、その先は会話が続かず待つこと10分、ようやく子供を連れた一人の男性が到着し、ホテルへと案内してくれた。この人がホテルスタッフだ。子供はスタッフの子のようで、自宅から来たのか、一緒についてきたようだ。




ペスカーラの快適ホテル Bella Pescara

予約したホテルBella Pescaraは、厳密に言えばB&Bタイプだ。
B&B Bella Pescara - Bed and Breakfast in Pescara Centro
このホテルは、必要な時だけスタッフが来るようにしてあるようで、彼らは建物には常駐していないらしい(きっと近所に事務所があるのだろう)。過度に宿泊客のプライバシーを侵害することがなく、考えようによっては静かに過ごしやすいホテルだ。
入口を入るとすぐ、テーブルのおかれた狭い共有スペースと、その奥にカードキーで入る部屋が並んでいた。このカードキーが入口の鉄の門や、ホテルのガラス戸のセキュリティーなど全てを解除するものだということを教わった。

部屋は以外にも小奇麗で、3つ星クラスのホテルとして十分な設備が整っている。部屋の外には小さいながらもテラスがあり、夕涼みにちょうど良いスペースだ。

hotel in pescara

ベッドスペース

洗面所、トイレ、シャワー室


シャワーを浴びて今日の夕食さがしに、町をぶらぶらすることにした。駅前の大通りに近いホテルは海岸沿いまでもすぐの距離なので、その辺まで歩けば何かあるだろうと思ったのだが、ここはリゾート地でもあり、海岸沿いに立ち並ぶホテルやレストランはやたら高そうで、なかなかリーズナブルな食事を探すことができない。

何度か行ったり来たりしてほとほと疲れたので、テイクアウトのピザ屋でピザを購入してホテルへ戻り、部屋で夕食。ペスカーラは3泊の予定だが、夕食に悩まされそうだ。

pescara

夕暮れのペスカーラ

コメント