Q4OSとMX Linuxどっちを選ぶ?32ビットLinuxOS比較②|ざっくりLinux!- 96

MX Linux 21.1

当ブログのアクセス数からみて、32ビット版Linuxディストリビューションで特に人気のMX LinuxとQ4OS。この2つを比較しようと思い、前回Q4OSについて検証した。

今回は、DistroWatchで4年連続No.1のMX Linuxを検証してみた。

結論からいえば、パソコンのシステム要件によって選ぶのが良いだろう。

MX Linux VS Q4OS比較条件

前回同様、以下条件にて比較を行う。公平を期すため、今回はUbuntu上のGnome Boxes内にインストールの上比較することとした。

  1. システム要件・バージョンリリースの頻度
  2. インストールの難易度
  3. デスクトップ環境
  4. ファイルマネージャ
  5. 日本語環境・入力
  6. システム更新
  7. デフォルトアプリケーション
  8. ソフトウェアインストール

システム要件・バージョンリリースの頻度

MX Linuxに関する以前の記事は、以下を参考に。

MX Linuxは、Debian安定版をベースとした、セミ・ローリングリリースのディストリビューション。

正直なところ、MX Linuxは超軽量というわけではない。公式サイトでも、「Midweight Simple Stable Desktop OS(ミッドウェイトでシンプルな安定したデスクトップOS)」と謳っている。
32ビット版のシステム要件は、

  • CPU:インテルi686プロセッサ、もしくはAMDプロセッサ
  • RAM: 512MB(2GB以上推奨)
  • HDD:5GBの空き領域(20GB以上推奨)

で、Q4OSのシステム要件より少し上のグレードといったところ。

Windows7時代のパソコンなら楽々クリアだが、XP時代のパソコンでは、少々荷が重いディストリビューションとなる。

Q4OS同様、2014年にファーストリリース後、年数回のマイナーアップデート、1〜2年ごとのバージョンアップデートをしてきている。2022年8月現在のバージョンは、21.1。

アップデートの詳細は、DistroWatchのディストリビューション別リリース一覧 MX Linuxを参照。

インストールの難易度

MX Linuxはライブ画面があり、インストーラもグラフィカルのため、Linux初心者にも優しい作りになっている。

インストーラは32ビット版も64ビット版もほぼ同じなので、インストールの詳細は過去記事を参考にしてほしい。

デスクトップ環境

MX Linuxは、以下3種類のデスクトップから選ぶことができる。

  • Xfce:高速で低リソースのMX Linuxの主力デスクトップ
  • KDE:X Window System上で動作するPlasmaデスクトップ(64ビット版のみ)
  • Fluxbox:同じくX Window System上で動作する、軽快さと高いカスタマイズ性を持つデスクトップ

それぞれのインストールメディアを用意しているので、ダウンロード時に好みのデスクトップを選ぶ。今回は、シンプルなXfceで検証した。

32ビット版に限定すると、Q4OSはTrinity一択だったのに対し、MX Linuxは2種類から選べる点で、優位に立っているというところか。

ファイルマネージャ

MX Linux ファイルマネージャ

どのディストリビューションでもそうだが、デスクトップ環境とファイルマネージャは連動している。

今回選んだXfceのファイルマネージャは、Thunalを採用している。シンプルでわかりやすいファイルマネージャだ。

ネットワークデバイスへは、Q4OS同様アドレスバーに「smb://IPアドレス」でアクセスできる。

日本語環境・入力

MX Linxの最大の特徴は、独自のMXツールとそこに含まれるMXパッケージインストーラだろう。Linux初心者でも違和感なく、各種設定やセットアップができる。

最初に、日本語環境と日本語入力を整えるため、MXパッケージインストーラを起動する。各カテゴリの最後に「言語」があるので、そこをクリック。
画面をスクロールし、「Japanese」がついている項目を全てチェックし、「インストール」。

インストール中は端末画面となるが、途中の質問とそのレスポンスも、入力がわかりやすい。

MX Linux日本語入力1 MX Linux日本語入力2 MX Linux日本語入力3 MX Linux日本語入力4 MX Linux日本語入力5

終了後再起動すれば、パネル上に日本語入力のAnthyとMozcの表示が可能となる。

以前のバージョンでは、別途Synapticパッケージマネージャにてmozc-utils-guiをインストールしなければならなかったが、この点は改善されて、以上の作業で日本語入力が可能となる。

MX Linux日本語入力6

システム更新

インストール後、また毎日のアップデートは、パネルに表示の緑色のアイコンをクリックすると、MXアップデーターが起動する。この指示に従って進めれば、ターミナル(端末)を使うことなくアップデートが可能だ。

MX Linuxシステム更新1 MX Linuxシステム更新2

MXパッケージインストーラにしろ、MXアップデーターにしろ、ベースはターミナル(端末)操作でありながら、それをグラフィカルにして使いやすくしてある。

この点でも、Q4OSより優位といえよう。

デフォルトアプリケーション

主なデフォルトのアプリケーションは以下の通り(バージョンは2022年8月現在)。

  • ブラウザ:FireFox(103.0)
  • メール:Thunderbird(78.13.0)
  • オフィス:LibreOffice(7.0.4.2)
  • グラフィック:ペイント(LazPaint, 7.1.6)
  • マルチメディア:VLCメディアプレーヤー(3.0.17.4)

プリ・インストールされているアプリケーションの数や種類は、Q4OSより多い。

ソフトウェアインストール

MXパッケージインストーラでは、使いたいアプリケーションのインストールが簡単なほか、デスクトップ環境をインストールすることができる。インストールメディアでは、64ビット版のみ用意されていたKDEも、ここでインストール可能。

また、オープンソースのグラフィックアプリ、GIMPやInkskapeもインストール可能と、マルチなパッケージインストーラだ。これなら、使いやすいGnomeソフトウェア(未インストール)やSynapticパッケージマネージャ(インストール済み)を使う必要もなくなる。

MX Linuxの総評

本来、Linuxは自分好みにカスタマイズできるOS。

WindowsやMacはある程度決まったアプリケーションを使うが、Linuxではアプリケーションは選びたい放題だ。その点では、MX Linuxはアプリケーションの導入のしやすさ、操作性において優れたLinuxディストリビューションといえるだろう。

そして、Q4OSとの比較の総評だが、筆者独自の総合評価は5段階のうち⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎というところ。Q4OSより、やや優位な32ビット版ディストリビューションだと思った。

しかし、パソコンのスペックによってパフォーマンスに違いがあるため、この2つは甲乙つけ難い。そこで、

  • XP時代のパソコン(RAM: 500MB未満)→ Q4OS
  • Windows7時代〜のパソコン(RAM: 500MB以上)→ MX Linux

というように考えれば良いだろう。

コメント