なぜ今、Linuxが人気なのか?〜Linuxでパソコンライフを豊かに

Q4OS デスクトップ

WindowsにそっくりなQ4OS

今、みなさんが使っているパソコンは、Windows? Mac?

日本でのパソコンOSのシェアは、Windowsが圧倒的で、その次はMacだろうから、大方そのどちらかだろう。

しかし近年、UbuntuやLinux MintというOSが、だんだんとシェアを伸ばしてきているのをご存知だろうか?

これらを総称して、Linuxディストリビューションといい、単に「Linux(リナックス)」とも呼ばれている。

今、パソコンのOSでLinuxを選ぶ人が増えてきている。

今回は、

  • なぜ今、Linuxが人気なのか?
  • 自分のパソコンをLinuxにするには、どうしたらいいのか?
  • 新しく買うなら、どのOSのパソコンを買ったらいいのか?

について、紹介してみたいと思う。

きっと、Linuxはパソコンライフを豊かにするツールになるだろう。

そもそもLinuxとは?

WindowやMacは馴染みがあるが、そもそもLinuxってなんだろう?

聞いたことがない人でも、実はLinuxで動いているものを、知らないまま使っているのだ。

例えば、Androidのスマートフォン。

スマホのOSであるAndroidは、Linuxディストリビューションのひとつだ。

また、スーパーコンピューターやサーバー、最近のテレビなど、幅広い種類のハードウェアの大元はLinuxである。

もう少し詳しく言えば、この大元のLinuxは、Linuxカーネルといわれる、ハードウェアとアプリケーションの架け橋のようなもの。

一方、この記事でいうLinuxは、Linuxカーネルと各種アプリケーションを取りまとめたもの、Linuxディストリビューションのことをさす。

Linuxディストリビューションは、パソコンのオペレーションシステム、OSだ。WindowsやMacOSと同じ仲間と考えれば良い。

Linuxの人気の理由

このブログでは、「ざっくりLinux!」というシリーズで、様々なLinuxディストリビューションを紹介している。そして、訪れる方はおそらく「新たにLinuxを始めたい」と思っている方が多いだろう。

筆者も、Linuxに出会ってからはWindowsを完全に卒業した。現在、会社でのリース物件としてMacを使ってはいるが、メインはLinuxをインストールしたパソコンだ。

では、なぜ今、Linuxの人気が上がってきているのだろうか?

それは、

  • Windowsのアップグレード問題
  • 無料であること、だからさまざまなLinuxディストリビューションから好きなOSを選べること
  • セキュリティ面で安心できること

からだろう。

ひとつひとつ、詳しく説明する。

Windows7問題に見る他OSへの乗り換え

記憶に新しい、2020年1月にサポートが終了したWindows7問題。

多くの企業や官公庁で使用されていたパソコンOSのほとんどは、Windowsだ。そのため、Windows7のサポート終了によるセキュリティ不安から、アップグレードすべきか、他のOSに乗り換えるかで、結構な話題になった。

Windowsは、マイクロソフト社が販売するOS(オペレーティングシステム)で、もちろん有償だ。

Windows7のサポート終了時、どの企業や官公庁でも、多額の費用をかけてWindows10へアップグレードしただろう。

しかし、パソコン1台ならともかく、ひとつの企業で何千というパソコンがあれば、アップグレード費用も膨大だ。ましてや、官公庁でのその費用は、国民の税金から支払われる。

小さな会社では、アップグレードに費用をかけることも負担なので、サポート終了後もしばらくはWindows7を使い続けたと聞く。

それは、セキュリティ面でかなり危険であることを意味する。新たな脅威に対抗するセキュリティパッチが、もはや提供されないのだから、ハッカーたちの格好の餌食となる。

そして、この問題はこれで終わりではない。

次に待っているのは、そのWindows10のサポート終了だ。

その期限は、2025年10月。

その時、またWindows7問題のように、セキュリティにうとい企業が、ダラダラとWindows10を使い続けたら、日本の情報はダダ漏れ、セキュリティは穴だらけだ。

有償でアップグレードをいつまでも続けるのか、それとも他のOSへ乗り換えるのか?

企業、官公庁、そしてWindowsパソコンを持っている人たち全ての共通の問題でもある。

Linuxはオープンソース〜無料

Linuxは、オープンソース・ソフトウェアである。

オープンソース・ソフトウェアとは、プログラムの設計図であるソースコードを、目的を問わず利用、修正、頒布することが可能なソフトウェアのこと。

世界中の人たちが、オープンソース・ソフトウェアを利用し、その修正や開発にも自由に参加できる。

台湾のデジタル担当大臣オードリー・タン氏も、さまざまなオープンソース・ソフトウェアの開発に関わっている。そして、その技術を生かし、新型コロナ感染拡大時に、いち早く台湾内でのマスク供給の無償アプリを立ち上げた。

オープンソース・ソフトウェアであるLinuxは、一部は有償であるものの、ほとんどが無料で使用できる。

そして、OSのアップグレード時にも、費用はかからない。

だから、いつまでも無料で、自由に使い続けることができる。

Linuxのセキュリティ

LinuxとてパソコンOSのひとつなので、セキュリティ対策は欠かせない。

しかし、上述の通りオープンソースゆえ、世界中のエンジニアたちが日々開発・修正に関わっている。

言い換えれば、OSのソースは世界中に可視化されているということだ。

仮に、ハッカーたちがあるひとつのLinux OSを狙ったとしよう。そうしたら、世界中のエンジニアの誰かがその異変に気づき、可視化されたソースコードを直ちに修正するだろう。

世界中のエンジニアが、24時間、常に注視しているというわけだ。

Windowsは、そうはいかない。修正できるのは、マイクロソフト社だけだ。時間も人員も限りがある。

また、Linux向けのセキュリティ対策ソフトも無料のものがある。あるいは、セキュリティに特化したLinuxディストリビューションもある。

常に有償のWindowsやMacなのか、それとも、オープンソースのLinuxか、選ぶ理由はひとそれぞれだ。

WindowsパソコンをLinuxに変えるには

パソコンは、ハードウェアとOSで成り立っている。

そのうち、OSをWindowsからLinuxへ変えるだけで、手持ちのパソコンがLinuxで動くパソコンへと変わる。

たったそれだけだ。

だが、パソコンのOSを、いきなり知らないLinuxというOSへ変えるのは、多少勇気がいるかもしれない。

  • もし、失敗したらパソコンがダメになってしまうのでは?
  • 入れたはいいけど、使い方が全くわからない

といった不安もつきまとう。

しかし、心配は無用だ。

Windowsパソコンを購入したときは、おそらくOSはプリ・インストールされていただろう。しかし、セットアップは必要だったに違いない。

それと同じだ。

また、たとえインストールに失敗しても、Linuxのインストールファイルは無料だ。失敗したら、やり直せばいい。

使い方についても同様。

もう一度言う、WindowsもLinuxも、同じパソコンのOSだ。なんら変わることはない。

あるいは、初めてAndroid携帯を持った時、その使い方は難しかっただろうか?

Linuxは、なにやら黒い画面(Windowsでいうコマンドプロンプト)でしか操作できない、と思っている人が、まだまだ多いが、そんなことはない。

日本で人気のLinuxディストリビューションのひとつ、Ubuntuをはじめ、ほとんどのLinuxはWindows同様、グラフィカルな画面で、直感的な操作が可能だ。

インストール方法がわからなかったら、当ブログを読んで欲しい。Ubuntuについては、詳しくインストールからカスタマイズの方法まで、記事にしてある(以下記事参照)。

Linuxの良いところは、日本国内で開発されたディストリビューションがあることだ。これなら、最初から日本語で使うことができるし、無料とはいえ、サポート面も充実している。

より良いLinuxディストリビューションが見つかれば、着替えるようにOSを変えることだってできる。繰り返すが、Linuxはほとんどが無料なので、試し放題だ。

インストールが苦手という人はLinuxが入ったパソコンを購入

「どうも、OSをインストールするのは苦手」

という人は、最初からLinuxがインストールされたパソコンを検討してはどうだろうか?

すでに市場では、Linux搭載パソコンがたくさん販売されている。

Googleで、「Linuxパソコン」と検索すれば、下記のようなパソコンをすぐに探すことができる。

アプリケーションも無料

Windowsがプリ・インストールされたパソコンには、WordやExcelも同時にプリ・インストールされていたかもしれない。

あるいは、それだけ別にソフトを購入してインストールしただろう。

いずれにせよ、有償だ。

だが、Linux同様、オープンソース・ソフトウェアにはさまざまなアプリケーションがある。

例えば、WordやExcelに替わるオフィス系ソフトなら、LibreOfficeがある。Windowsと互換性があり、使い方もほぼ同じのため、なんの違和感もない。

もはや、マイクロソフト社のOfficeより、使い勝手が良いくらいだ。

グラフィックなら、Adobe Photoshopに替わるGIMPのクオリティは素晴らしいものがあるし、マイクロソフト社がオープンソースでリリースしているVisual Studio Codeは、優れたエディタにもかかわらず、無料でLinuxでも使用できる。

悩むより慣れろ

かくいう筆者も、最初はLinux導入に二の足を踏んだものだった。

OSを入れ替えることで、パソコンがダメになってしまうという心配もあった。

しかし、それらは全て取り越し苦労だった。

今は、新しいディストリビューションを見つけては試して、気に入ったものがあれば使い続けている。

Mac風デザインのものもあれば、Windowsにそっくりなディストリビューションもある。Windowsからの移行アプリケーションまで入っているものも・・・。

筆者はITエンジニアではない、むしろ文系頭脳だ。

それでも、あの真っ黒い画面を開くことなく、Linuxを使いこなせている。

つまり、

「悩むより慣れろ」

だ。

専門的なことにはお答えできないが、インストールについてや、アプリケーションのことなど、コメント欄から気軽に問い合わせてもらえれば、筆者の知る限りの情報でお答えするつもりである。

コメント