Windowsからの移行に最適なMakuluLinux|ざっくりLinux!- 61

akuluLinux LinDoz デスクトップ

WindowsからLinuxに替える際には、なるべく違和感なく使用できるOSが良いだろう。

そんなときに最適なのが、ヴェトナム発のディストリビューション、MakuluLinux LinDozだ。その最新版2021.03.05がリリースされたので、さっそく試してみた。

使い慣れたWindowsのUIを維持したLinux

MakuluLinuxの最大の特徴は、まるでWindowsと思わせるUIだ。

Zorin OSやQ4OSなど、Windowsに寄せて開発されたLinuxディストリビューションは数多くあるが、このディストリビューションの見た目はまるでWindowsだ。

インストールしてみた感想は、使いやすいの一言。なのに最新のDistroWatchランキングでは83位とかなり低い。おそらく、まだ認知されていないのだろうと推察する。

Ubuntu LTSをベース、Cinnamonフレームワークとしているので、すでにLinuxに触れてきた人にも使いやすく、かつて使用していたWindowsのようでもあって懐かしささえ感じる。

冒頭画像は、セットアップ終了後のデスクトップのスクリーンショットだ。

左下のメニューアイコンから始まるメニューはカテゴリー別にみやすく分かれていて、パネルにお気に入りをおかなくてもすぐにアプリが起動できる。

しかし、使用してみると良い意味でLinuxであることを改めて認識できる。

Windowsのようにライセンスに縛られた堅苦しさはなく、自由かつ簡単にアプリをインストールすることができ、そして自由に環境をカスタマイズできるのは、オープンソースであるLinuxならではだ。

最近はMicrosoftもOSSに力を入れていて、段々とLinuxに寄せてきているようだが、やはりLinuxの自由さには敵わない。

MakuluLinuxは、Windowsの使いやすさを継承しながらLinuxの自由さを併せ持つ、日本人にとって使いやすいディストリビューションなのかもしれない。

MakuluLinux LinDozをインストール

インストールファイルは公式サイトから入手する。

拠点がヴェトナムのため、ダウンロードに問題があるらしい。そこで、ダウンロードはSourceforgeやGoogle Driveなど、様々なミラーを用意している。筆者の場合、Sourceforgeはダウンロードが遅かったので中断し、Google Driveで再度行ったらかなり早くにダウンロードできた。

ダウンロードサイズは1.9GBだ。Balena EtcherなどでUSBに保存・起動するのが良い。

最新バージョンのシステム要件は以下の通り。

  • アーキテクチャ:64-bit
  • RAM:2GB(推奨は4GB)
  • ディスク容量:10GB(推奨は20GB)

MakuluLinux LinDoz 初期画面

起動後の初期画面は上記の通り。

壁紙もXPを思い出しそうな感じだ。デスクトップに置かれたインストーラをダブルクリックでインストールが始まる。

Ubuntuベースなので、例によってインストーラはとても簡単だ。

最初にインストール中のダウンロード・サーバーの設定があるので、ここを済ませておこう。その後は以下にスクリーンショットを貼り付けておく。

MakuluLinux LinDoz インストーラ1

MakuluLinux LinDoz インストーラ2

MakuluLinux LinDoz インストーラ3

MakuluLinux LinDoz インストーラ4

MakuluLinux LinDoz インストーラ5

MakuluLinux LinDoz インストーラ6

MakuluLinux LinDoz インストーラ7

MakuluLinux LinDoz インストーラ8

インストール後の初期設定

日本語環境設定

MakuluLinux LinDoz 再起動後画面

インストールは日本語で進むが、再起動したデスクトップは上の通りConkyが文字化けしている。

まずは、開かれたSetup Managerの指示通り設定をしていく。まだ英語表記だが、なんとなく理解はできる程度だ。また、設定が不要と思われるもの(GoogleやFacebookなどAccount設定など)はスキップして構わない。

Languageにきたらボタンをクリックし、以下のように開く言語パックインストーラ・ウィンドウで「Japanese」を選択してインストールを行う。その後も指示に従って進み、Finishで完了だ。

MakuluLinux LinDoz 日本語環境設定

だが、デスクトップの文字化けは変わらず、日本語環境の設定はまだ終わっていない。

次に、メニューから「設定」–>「言語」に進み、開いたウィンドウの「言語サポート」で「言語のインストールと削除」を開く。そこでスクロールしていくと、日本語が「言語パッケージが不足」となっているので、インストールを行う。

MakuluLinux LinDoz 日本語環境設定2

これでログアウト・ログインすればOKだ。

日本語入力設定

日本語環境を整えただけでは、日本語入力はできない。

メニューからSynapticパッケージマネージャを開き、「fcitx-mozc」と検索して、ヒットしたものを全てインストールする。ここら辺はLinuxらしい作業だ。

デフォルトのアプリ

システムに関するアプリは様々インストールされているが、意外にもプリ・インストールされているアプリは少ない。以下、デフォルトのアプリを紹介する。

  • ブラウザ:Google Chrome
  • テキストエディタ:Leafpad
  • メーラー:なし
  • オフィス系ソフト:なし
  • サウンド:mpv Media Player

Ubuntuベースでありながら、FireFoxやLibreOffice、Thunderbirdが入っていないのは珍しい。幸い、SynapticパッケージマネージャとGnomeソフトウェアはプリ・インストール済みなので、ここから各種インストールを行う。

ネットからダウンロードしたものは、Gnomeソフトウェアでインストールが可能だ。

会計アプリのGnucashは、Flathubからダウンロード&インストールしたが文字化けするので、SynapticパッケージマネージャにてIPAフォントをインストールして対応する。

カスタマイズはいつも行っている通りでLinuxらしいが、設定が終われば使いやすさは上述の通りだ。

まとめ

Ubuntu LTSベースなので、ちょくちょくアップグレードする必要はない。また、日々のアップデートも端末を使用することなくGUIで事足りる便利さと、Windowsで作業しているような使い心地が特徴のMakuluLinuxは、これからどんどんランキングが上がると予想する。

あえて難点を指摘するなら、KDEプラズマほどにヘビーな印象を受ける。低スペックでは使用に無理があるかもしれない。

使っているとLinuxであることを忘れがちだが、使い勝手はLinuxであることをお忘れなく。

【ざっくりLinux!のおすすめ本】

コメント

タイトルとURLをコピーしました