お伊勢さんとカーリングシトーンズ③|カーリングシトーンズと広島グルメ編

【夜の原爆ドーム】
親宿から深夜バスで出かけてはや3日目、伊勢河崎町の星出館をチェックアウトして、徒歩で宇治山田駅まで。今日は近鉄と新幹線を乗り継いで、いよいよ広島へ向かう。我々を待っているのは、カーリングシトーンズと広島グルメだ。

カーリングシトーンズのメンバーと同じ新幹線で広島へ

今や、新幹線だけではなく私鉄もウェブサイトで予約ができるようになった。スマートフォンに予約確定画面を保存しておいて、予定していた大阪難波行きの特急に乗り込む。けれども、一度も車掌がその予約確定画面を確認しに来ることはなかった。
乗車時はまだ1号者に喫煙室があった。2020年2月からは全て禁煙になるそうだ。

大阪難波駅に到着後、地下鉄御堂筋線で新大阪へ移動。新幹線の発車時刻まで多少時間があるので、コーヒーを買って外でコーヒーブレイク。新大阪は伊丹空港が近いため、頭上を横切る航空機がやたらでかい。


その後ホームへ登ると、何やら見たことがない新幹線があった。ピンクと白の車体にキティちゃんが描かれている。JR西日本のオリジナル新幹線だそうで、キャラクターには興味はないが写真をとっておいた。そして予定の新幹線へ乗車。約1時間少々で広島へ着く予定だ。

広島到着時刻になったのでデッキへ向かうと、何やらオーラを放つ、ちょっと猫背な人が目の前で到着を待っていた。「あれっ、斎藤シトーン(斎藤和義)だ!」とっさに理解し、続いている人たちを見ると、カーリングシトーンズのメンバー全員が停車してドアが開くのを待っている。

「同じ新幹線に乗車して広島へ到着、そして夜はライブ。そしたら宿泊も同じホテルかな?」と、ちょっとワクワクしたが、ただそれだけだ。サインでももらっておけばよかったかもしれないが、楽しみは夜にとっておこう。

駅からは広島名物市電に乗って、平和記念公園周辺まで移動する。朝は天気が良かったのに、広島は曇天、小雨がぱらついてきた。

広島に来たら、やっぱり広島のお好み焼きを食べたい。だが、大体のお好み焼き屋は夜の閉店が早い。ライブ終了後に食べることができる店は、ホテル周辺には殆どないので、昼のうちに食べておくのが良いと考えた。
市電を降りてホテルまでの道のりに、事前に調べておいた「お好み焼き ミカヅキ」という店がある。時間は午後2時10分前、この店の昼の営業時間は午後2時までだ。ホテルは目の前だが、チェックインをしていたらしまってしまうので、ぎりぎり昼の営業時間内にオーダーすることができた。


広島のお好み焼きを堪能して、今日のホテル、広島市文化交流会館にチェックインを済ませる。今夜のライブ会場・広島文化学園HBGホールにつながったホテル施設だ。
広島市文化交流会館公式サイト | 複合型宿泊施設~ホール・ウエディング・レストラン・宴会・会議
部屋に入ると、窓から広島文化学園HBGホールの建物が見える。あまりに宿泊代がお安かったので大した期待はしていなかったが、想像以上の満足度だ。レセプション・スタッフは笑顔で迎えてくる。レビューには客室の設備が古いとか書いてあったが、全くそのようなことはない。バス、トイレは別になっており、部屋には空気清浄機まである。Wi-Fi完備なので、落ち着いた後すぐにPCを取り出して、溜まっていたメール処理をした。

カーリングシトーンズTOUR「やったぁ!明日はシトーンズだ」in広島

カーリングシトーンズ オフィシャルサイト
以下記事でも触れたとおり、もともとこの全国ツアーの初日の東京会場のチケットが取れなかったことが、今回の旅行のきっかけとなった。

お伊勢さんとカーリングシトーンズ①|計画編

筆者の旅行は、いつも突然あるいは突発的だ。今回の目的は、広島で行われるカーリングシトーンズのライブ。そして、せっかく広島まで出かけるなら、かねてより行きたいと思っていた伊勢神宮に途中で立ち寄って参拝しようと思ったわけだ。なにしろ、ライブの日にちは決まっている。正月休みも終わり、さらに成人式の連休が終わるあたりを、仕事に影響がないような強行日程で出かけた。

「東京がダメなら他の都市のライブでも…、と思って探し、チケットが取れたのが広島だ。そしてすぐに広島市文化交流会館を予約した。それが功を奏した旅だ。なにしろ雨が降っているにもかかわらず、ホテルと建物で続いているのでホールまで外に出ることがない。同じように宿泊をしているディープなファンも多少いるようだった。

夕方、階下へ降りてホールへ向かうと、すでに入り口はごった返していた。限定グッズやデビューアルバム(なんとLP版まで用意されていた、懐かしい)の販売ブースのためだ。Tシャツでも買っておこうかと思ったら、途中で売り切れとなってしまった。

そしてライブ開始。構成は「伝説のデビューライブ」とあまり変わらなかった。だが、やはり生の雰囲気はライブビューイングとは全く違う。
恒例の「もぐもくタイム」は、今さらながらのタピオカドリンクと広島名物、広島ラーメンとハッサク大福だった。後で試してみよう。

あっという間の2時間半がすぎ、ホテルへ戻る。さてこれから夕食だ。広島ではどんな美味が待っていることか?




広島グルメ

旅先での食事処は、ホテルや旅館の人たちのオススメに従うのが常だ。だが、広島は結構大都市なので、ホテルスタッフに聞いても難しそう。部屋においてあったパンフレットや広島ガイドを見ても、どうも決め手がない。

そこでネットで近所の地元のものを使った食事ができ、なおかつ遅くまで営業しているところを探すと、原爆ドーム近く、紙屋町というところに広島の地酒と広島の地元の味が売りの「酒呑童子」という店があった。ここならゆっくりと食事ができそうと、すぐに電話で予約を入れる。
広島の居酒屋・飲み放題は広島酒呑童子 創作料理・地酒が堪能
歩けば10分ほどのようだが、どうも土地勘がないのでタクシーで店へ。店内は昭和レトロな、我々にうってつけの店だった。やっぱり広島カープなのだろう、カープ坊やの人形などあちこちに飾ってある。さっそく地酒飲み比べセットとカワハギの刺し身をもらって一杯。


続いて何か地元の味を食べたくなり、おすすめメニュー一覧を観る。すると関東の人間にはわからない言葉がいくつか…。「がんす」「ねぶと」「でべら」、きっとこちらの名物に違いない。

「がんす」はさつま揚げのようなすり身を揚げたもの。揚げたては柔らかく、甘みさえ感じる。


「でべら」は瀬戸内で取れるカンゾウヒラメを干して焼いたもの。


「ねぶと」は尾道あたりの小魚だそうだ。また、スタッフ一押しの穴子の一夜干しも試してみた。これがまた絶品、大変美味で地酒に合う。聞くと、この店のオリジナルだそうだ。


すっかり満足して、帰りは雨がやんだ平和記念公園の中を通ってホテルへ戻る。

翌日は午後の飛行機で東京へ戻る以外、予定はない。快晴の朝、再び平和記念公園を散歩しながら、昨晩ネットで調べた広島ラーメンの店まで歩いた。
そう、昨晩のライブの途中、もぐもぐタイムで紹介されていた広島ラーメンだ。店は違うが、ホテル近辺で歩いていける名店・中華そば「めじろ」へ行くことにした。
ところが店の前に到着すると、営業日も確認しておいたのに「臨時休業」の札がかかっていた。


これで諦めては意味がない、再びスマホで近隣のラーメン店を探すと、歩いて3分のところに別の広島ラーメン店があった。なんとこちらは、中華そば「つばめ」だ。「めじろ」は休みで、「つばめ」は営業していた。カープの選手も訪れるらしい(いくつかサインが飾られていた)。さっそく中華そばを頼む。


浜崎シトーンがもぐもぐタイムでいっていた、しみじみとした味はまさにこれ。

これで思い残すことはなく、市電とバスを乗り継いで空港へ。空港の土産物店では、もうひとつのもぐもぐタイム、ハッサク大福を購入して東京への飛行機へ。


連休最後から平日まで使って出かけた伊勢・広島旅行は、とっても楽しかった。帰京後はどっさり仕事が溜まっていた。
関連記事

コメント