旅行会社スタッフが行くイタリア出張記 - 8日目 アマルフィ~スルモーナ

sulmona
スルモーナ
この度のイタリア出張も半分を過ぎ、後半に入った。この日は今回のメイン目的であるアブルッツォ州へ向かう。アマルフィからアブルッツォの最初の宿泊地スルモーナまでほぼ一日かけての移動だ。

アマルフィを後にして

アマルフィへ来た時同様、ホテルへ予約時間通りBarbaro Car Serviceのベンツがお出迎え。サレルノ駅まで約1時間、朝のアマルフィ海岸ドライブだ。夏の日差しはすでに高く、複雑に入り組んだ海岸線の水面を照らしつけ、まぶしく美しい。前日のチェターラ往復の際バスで同じ道を途中まで通ったが、細い道はセダンでドライブするほうがより快適なのだとわかった。バスではカーブでは車体が傾き、少しあぶなかっかしい。そうこうしているうちに、あっというまにサレルノ駅に到着。

列車の時間より少々早く到着したため、サレルノ駅のバールで一息ついてホームへ向かう。すでに予約していたFrecciarossaがホームに到着していたので、号車を確認して乗車、ここからローマまで約2時間の鉄道の旅だ。ヴェネチアからローマまでのFrecciargento同様、ファーストクラスに座る。イタリアの最新型の車両なので、とても快適ですぐに降りてしまうのがもったいないくらいだった。

Frecciarossa
ローマはテルミニ駅ではなくティブルティナ駅に到着。非常に現代的な駅で、日本のターミナル駅同様ホームからエスカレーターで2階に上がり、そこがエキナカになっている。スルモーナ行きの列車時刻まで時間があるので、昼食をと店を物色。とはいっても日本のエキナカのように充実しているわけではなく、カフェか簡単なフードコート程度しかない。とりあえずカフェでパニーニとコーヒーの昼食を取り、今度はスルモーナ行き(ペスカーラが終点の快速列車)のホームを探したのだが、これが大変。ホームによっては、さらに上層階へ上がったり下がったりを繰り返すとても複雑な駅で、やっと目的のホームに到着したのは発車5分前。急いで乗車する列車を撮影し、全席自由席のディーゼル列車に乗り込んだ。スルモーナまでは約3時間、それにしてもイタリアの普通列車はなんといたずら書きが多いことか...。

train for sulmona

スルモーナのホテル

スルモーナに到着したのは午後4時過ぎ、サマータイムのためまだ夏の太陽は真上に近いくらいだった。予約していたSantacroce Hotel Ovidiusは駅から最も近いホテルなので歩けるだろうと思いきや、歩けど歩けどなかなか見えてこない。道は一本道なのだが緩やかな坂道で、おまけに2週間分のあれこれを詰め込んだスースケースは重く、約20分ほどでやっとホテルに到着。すっかり汗だくだった。
フロントの若い男性スタッフは流暢かつ聞き取りやすい英語で部屋の説明、レストランの紹介、スルモーナの町の案内をてきぱきと説明してくれた。早くチェックインしてシャワーを浴びたいので、早々に説明を聞いてアサインされた部屋へ。

ovidius
アブルッツォは当社が提携している現地手配会社の契約外ホテルが多く、スルモーナも契約ホテルは1軒もなかった。このホテルはネットで探して予約した。駅からだいぶ歩いたものの、チェックインしてすぐにこのホテルは「当たり」だと感じた。4つ星ながら宿泊代はリーズナブル、なのに部屋の設備は今回の出張で使ったホテルの中でピカイチだ。部屋にはアブルッツォのワイン、モンテプルチアーノ・ダブルッツォのボトルが置いてあった。後で聞いたところ宿泊者へのプレゼントだそうだ。
さらに後々わかったことだが、スルモーナのような周りを山に囲まれた街ではMountain Viewが売りのようだ。宿泊した部屋はアブルッツォの山並みが良く見えるまさにMountain View。朝に夕に変化するアブルッツォの険しい山々を眺められたのはとてもラッキーだった。

シャワーを浴びて一息ついてから町を取材。ホテルスタッフがおすすめするジェラート屋さんまで制覇し、夕食は勧められるままにホテルのレストランで名物アッロスティチーニを食してスルモーナ1日目が終了した。

gelato
画像の色は悪いがピスタチオとピーチのジェラート
ovidius2
名物アッロスティチーニ
スポンサーリンク

コメント