Debian系軽量32bitのBunsenLabs Linuxをテスト|ざっくりLinux! – 78

BunsenLabs Linux デスクトップ

32-bit版Linuxの需要はまだまだあるようで、Debianをはじめ様々な開発元からリリースされている。

今回は、Debian系のBunsenLabs Linux 「Lithium」を、古いThinkpad X41にインストール・テストしてみた。

その結果は、軽量で普段使いができそうなディストリビューションだった。

BunsenLabs Linuxとは

BunsenLabs Linuxは、CrunchBang Linuxのコミュニティから派生したディストリビューション。

ともにDebianベースで軽量なディストリビューションだが、CrunchBang Linuxはすでに開発を終了していて、開発中なのはBunsenLabs Linuxのみ。

BunsenLabs Linuxの最大の特徴は、Openbox。

冒頭画像のように、右クリックで画面上のどこにでもメニューを開くことができ、意外に便利だ。

また、推奨RAMが1GHzなので、古いPCでもサクサク動く。

isoファイルは700MB以下、CDに焼いて起動することができる。

何より、Debianベースなので、使い勝手はよく知っている。

筆者がテストした軽量Linuxで、今のところトップはQ4OSだが、それを上回る使いやすさかどうかをテストしてみた。

BunsenLabs Linux 「Lithium」をインストール

インストールファイル(iso)は、BunsenLabs Linux公式サイトよりダウンロードする。

BunsenLabs Linuxサイト

ダウンロードしたファイルは、Balena EtcherでUSBへ保存。

USB起動後の画面で、「Text based install」を選択。

あいにく、GUIのインストーラではなかったので、スクリーンショットを撮ることはできなかった。しかし、最初に日本語を選択すれば、あとは指示の通りでインストールは完了する。

インストール完了・再起動後、すぐに端末を開いて更新を行う。

$ sudo apt update
$ sudo apt upgrade

気になるのは、インストール時に日本語を選択したのに、文字化けをしていることだ。おそらく、フォントが足りないのだろう。

システム更新後、端末で以下の通り打ってフォントの追加を行う。

$ sudo apt install fonts-ipafont-gothic

これで、日本語表記になったのだが、メニューの1階層目は英語表記のままだ。

BunsenLabs Linux初期画面

インストール後の設定

日本語フォントが足りないくらいだから、当然日本語入力もできないだろうと思い、すぐに端末でMozcをインストールする。

$ sudo apt install fcitx-mozc

メニューをよくみてみたら、Synapticパッケージマネージャがプリ・インストールされていた。これなら、わざわざ端末であれこれインストールする必要はない。

Synapticパッケージマネージャ

プリ・インストールされている独自のソフトウェア

プリ・インストールされているソフトウェアは、最低限のものしかない。メールソフトもなく、必要なものはSynapticパッケージマネージャでインストールを行う。

ブラウザは「Dillo」という、みたこともないブラウザがインストールされている。軽量ブラウザらしいが、日本語フォントやjavascriptなどが入っていないらしく、まるで使い物にならない。

Dillo ブラウザ

頼りになるのは、やはりSynapticパッケージマネージャ。すぐに、FireFoxをインストールした。

壁紙の設定用ソフトウェアのNitrogen。それ以外の用途はない、シンプルなソフトウェアだ。

やはり、デフォルトのままではつまらないので、冒頭画像のように変更した。

Nitrogen

軽量感について

FireFoxをインストールした後のブラウジングを試したところ、動きが遅い、止まるといった症状はなかった。むしろ、このスペックでよくブラウジングできると感じる。

起動も、さほど時間がかからない。また、複数タスクを開いていても、違和感なく使用できる。

画面右上にConkyが表示されているので、常にシステム状態を確認できる点も、軽量ディストリビューションにとって嬉しい。

まとめ

BunsenLabs Linuxは、シンプルではあるが確かに軽量で使いやすいディストリビューション。

画面上のどこでもメニューが開けるOpenboxは使いやすく、古いPCでも十分使うことができる。

しかしながら、最近のソフトウェアは64-bitのみの対応というものが増えてきたので、そろそろ32-bit版も潮時なのかもしれない。

【ざっくりLinux!のおすすめ本】

コメント