投稿

旅行会社スタッフが行くイタリア出張記 - 7日目 アマルフィとチェターラ

イメージ
アマルフィ滞在2日目。連泊なので少しゆっくりしてもよさそうなものだが、この日も朝から写真取材。それでも昼前には取材を終え、以前から一度行きたいと思っていたチェターラのレストランSt Pietroへ向かった。

スポンサーリンク




この記事の目次
ガールムで有名なチェターラのレストランアマルフィの花火 ガールムで有名なチェターラのレストランこのレストランのホームページを見る限りでは英語は通じなさそうと予測し、前日の夜ホテルスタッフにランチの予約を入れてもらっておいた。バスターミナル前の旅行会社兼観光案内所でバスのチケットを購入してチェターラへ。片道45分のアマルフィ海岸ドライブに出かける。

チェターラは典型的なアマルフィ海岸の町の一つ、ガールムの材料となるカタクチイワシ漁がメインの小さな漁村だ。バスを降りたそのバス停の崖下が、目指していたSt Pietroだった。予約していた時間にはまだ早いので町を一回り。目抜き通りらしき道を歩くとすぐに海岸に出る。港の先まで出て町の様子を一枚。


再び海岸から町中へ戻り、目抜き通りらしき道を歩いた。すると道路わきを登る階段があり、そこがレストランの表玄関へと続いていた。カラフルなタイルで作られた看板に「St Pietro」の文字が見えた。


出迎えてくれたスタッフに予約している旨を伝えると、すぐにテラス席に案内してくれた。大きな木陰に建っているので風が涼やかだ。スタッフはどうやら英語が話せるようなので、さっそく自分たちがガールムのパスタを食べに来たと伝えた。スタッフもわかっていたようで、すぐにガールムのボトルと白い皿を持ってきた。そして「これはColatura di Alici(カタクチイワシの魚醤)というんだ。こうしてオリーブオイルと一緒に乳化させて、それをパンにつけて食べるとその味がよくわかるよ。」と手際よくそれを作りながら説明してくれた。言われるまま、パンにつけて食べてみる。なるほど、アンチョビと素材は同じながら、深い味わいがある。

これがガールム ほどなくして、お待ちかねのガールムのパスタ(Vermicelli alla Coratura)が来た(上部画像)。これがずっと食べたかったパスタだ・・・先ほどパンで確認した味がパスタに絡まって口の中に広がる。とてもシンプルなパスタなのに、ペペロンチーノやカルボナーラとは違う深い味わい。こればっかり…

旅行会社スタッフが行くイタリア出張記 - 6日目 シラクーザ~アマルフィ

イメージ
数々の写真を撮影し、ラグーサ日帰りではトラブルもあったがどうにかシチリア最終日。この日はアマルフィへ移動する。前日確認しておいたカターニャ空港行きのエアポートバス乗り場へ行き、チケット売り場の小さな小屋でチケットを購入。9時発のバスに乗り込んだ。

旅行会社スタッフが行くイタリア出張記 - 5日目 シラクーザ~ラグーザ

イメージ
イタリア取材5日目はシラクーザからラグーザへの日帰り旅行だ。シラクーザ同様、ラグーザも以前訪れた時に撮った写真が全部消えてしまったので、取り直しのための訪問だった。

旅行会社スタッフが行くイタリア出張記 - 4日目 シラクーザ

イメージ
シラクーザ
イタリアに到着してから初めて3連泊するシラクーザ、チェックインした翌日はこの町で一日ゆっくりと取材した。

旅行会社スタッフが行くイタリア出張記 - 3日目 ローマ~シラクーザ

イメージ
シラクーザ
いよいよ今回の出張の目的の一つ、シチリアへ移動する。
すでに会社のウェブサイトにはシラクーザ、ラグーザのスケッチ旅行記及び写真を掲載しているが、その写真は非常に小さなもの。以前出張で撮りためてきた元画像が入っていたメインPCがクラッシュしてしまい、大量の画像もろとも吹っ飛んでしまった。今回はその画像を少しでも取り戻すべく、シチリア行きを半ば強引に計画に入れたのだ。

TOP