手がかかるけど憎めないGoogle Bloggerとのつき合い方

筆者のブログ歴はWordpressに始まり、一時的に利用したはてなブログ、そして現在利用しているGoogle Blogger(以後Bloggerと記載する)といったところである。さほど利用歴が長いわけではなく、ブログ全体で5年といったところだ。
現在ブログサービスのシェアはWordpressが最も多く、2019年上半期現在で34%である。企業のウェブサイトもWordpressで制作しているものが多く、その認知度・カスタマイズの自由度はトップクラスだろう。国内では気軽に利用できるとしてAmebloやFC2、はてなブログなどが人気だが、いずれにしてもBloggerは大した人気ではない。
にもかかわらず、筆者はBloggerでブログを2つ運営している。使い勝手もさほど良いわけではないのに利用し続ける、その理由は何か?について書いてみたい。

1.Bloggerのダメダメなところ

まずは、「なぜBloggerは人気がないのか?」というところから。
Bloggerのヘビーユーザーたちのブログに書いてあることを総合すると、以下のようなところらしい。事実、筆者も日々感じているところである。
  • シンプルすぎる
  • 横のつながりがない
  • Googleがいつサービスを終了させるかわからない
そして筆者自身が感じるBloggerのダメダメポイントはさらに以下の通りだ。
  • テーマが少なすぎる
  • 管理画面が使いにくい
  • ping送信ができない
  • パンくずリストがない
  • プラグインが全くというほどない
ヘビーユーザーたちの総合意見における「横のつながりがない」「Googleがいつサービスを終了するかわからない」は、一見ブログサービスにとっては致命的なことのようにも思える。はてなブログやFC2ブログ、Amebloなどはユーザー同士の横のつながりを保つことができ、SNSとしての機能を果たしている。一方BloggerはわずかにGoogle+でつながっていたのだが、そのサービスが終了した。Bloggerユーザーは「Google+の次に終了するのはBloggerでは?」とヒヤヒヤしているところだろう。

筆者が感じるダメダメポイントは、主にWordpressを利用したことがある筆者だからこそ感じるところである。Wordpressは自由度の高いCMS(コンテンツ・マネージメント・システム)として、ウェブ制作にも利用されるほどの人気だ。だからサイト全体のテーマや使い勝手を自由に変えるプラグインが豊富で、現在も新しいものが日々アップデートされている。
一方Bloggerは、テーマの更新や新作といったものがまるでない。2017年(筆者がまだBloggerに移行する前)に久しぶりに新作テーマが出たらしいが、それ以降何も発表されていない。

サイトの使い勝手を変えるプラグインについてもそうだ。Bloggerにはそういった考えがないのかもしれない。デザインをいじる場合、Wordpressはサイトを構成するphpファイル(ヘッダー、フッター、本文、メニューなどが別々のファイルで構成されている)ごとに自分で変更を加えるのだが、Bloggerはたった一つのxmlファイルをいじるのみだ。一歩間違えたら、サイト全体が総崩れになってしまう。

その他パンくずリストがない、ping送信が出来ない、管理画面が使いにくいといった欠点は、どうにか自分で割りきったり考え方を変えたりして利用している。

2.Bloggerのよいところ

では良いところ(メリット)は何なのか?それは他のサービスと比べて圧倒的にGoogleのサービスとの連携度だ。特にブログを書いている人ならほとんど利用するアドセンスとの連携はBloggerがトップだろう。筆者もWordpressで独自ドメインを取る方法を知らなかったがためにアドセンスを利用していなかったので、独自ドメインを取得しアドセンスを始めるためにBloggerに移行してきた。

では、具体的にGoogleのどんなサービスとの連携がしやすいか列記してみよう。
  • アドセンス
  • Googleドメイン
  • Googleフォト
  • サーチ・コンソール
  • アナリティクス
アドセンス、GoogoleドメインはBlogger管理画面から申請が可能だ。また、サーチ・コンソールは管理画面から連携が出来る。それ以外も設定がしやすいのは、同じGoogleのサービスならではだ。

それ以外のメリットとしては、これからブログを始めようという人にとって、とっつきやすいブログサービスという点だ。シンプルであるがゆえに操作・管理が簡単で、htmlやcssといったことがわからない人でもすぐにブログを始めることが出来る。Wordpressはこうはいかない。ある程度知識のある人でないと使いこなすことが出来ないのが、Wordpressの欠点かも知れない。

3.自分流のBloggerとのつき合い方

筆者自身としては、上述のダメダメポイントも捉え方によってはメリットになると考えている。それが自分なりのBloggerとのつき合い方だ。

例えばシンプルすぎるという点。テーマもプラグインも少ないが、それによってあれこれ自分に合ったテーマを探しているうちに現在使用しているBlogger日本語テーマ「Zelo」シリーズに出会うことが出来た。
プラグインが少ないということは、記事を書くことに集中できるブログサービスということだ。あれこれデザインばかり直していては、記事の更新が進まないし、素人のブログデザインまで誰も気にして見ていないだろう。
パンくずリストについては、Blogger日本語テーマ「Zelo」シリーズの制作者の「パンくずリストと同じ機能を持つタグがあれば、パンくずリストは必要ない」という言葉に尽きる。パンくずリストの役割は、サイト内で読みたい記事にいかに辿りやすいかという点だ。それならサイトマップやタグで事足りる。

横のつながりがない点についても、テーマ同様外のサービスを自分であれこれ探すことが出来た。また、自分にとってはブログサービスを通した横のつながりは、さほど必要性を感じない。

「Googleがいつサービスを終了させるかわからない」という点は、何とも言えない。こればかりはGoogleさん次第だ。だが、万が一アドセンスのサービスが終了するとしたら、その時がBloggerの終了の時なのかもしれないと、ひそかに感じている。今やブログサービスとアドセンスは切っても切れない関係になってきているからだ。そう考えれば、Bloggerはまだまだ終了しないだろう。

サイトのデザイン面については、管理画面からテーマを選んだのち「HTMLの編集」を選んで、そこに表示されるxmlファイルをコピーし、テキストファイルにペースとして活用している。この方法なら、サイト全体のデザインをバックアップすることを兼ねているので、安心だ。
Wordpressはパソコン上に各ファイルをダウンロードしてバックアップを取り、アップロードもFTPを使って自分でやらなければならない。ウェブサイト管理においては常識かもしれないが、ブログはウェブサイトとは違う。もう少しシンプルに付き合えるほうが良いと考える。

4.まとめ

Wordpressと比べたらメリットよりもデメリットが多く、使い勝手が悪く人気もないBloggerだが、捉えようによってはブログ執筆に集中できるシンプルさがよく、Googleの各サービス、特にアドセンスとの連携がしやすい点において、今後も筆者はBloggerを使い続けるだろう。まったく、手がかかるけど憎めないやつなのだ。
スポンサーリンク

コメント