Googleアドセンスの実践的ブログ14|Bloggerやアドセンスの記事では収益は上がらない

収益 イメージ
2018年12月のアドセンス収益が確定した。このところ少しずつではあるがPV数が伸び、かつ安定して当ブログを訪問されるようになった。

現在筆者はこのブログともうひとつ以下のブログを運営しており、アドセンスは2つのブログで日々努力している。

海外テニスと乗馬とゴルフの有限会社フライト・オフィシャルブログです。
このブログは筆者が運営する旅行会社のオフィシャルブログなので、主に海外旅行についての記事が多い。一方このブログは、会社のオフィシャルブログとは違ったプライベートなブログで、カテゴリーも様々だ。最初はオフィシャルブログのほうが圧倒的にアクセスが多く、始めたばかりのこのブログはアクセスがなかなか伸びなかった。しかし100記事を超えたあたりで、2つのブログのアクセス数の差がなくなりつつあり、どちらも自分にとっては順調に感じる。

ところが、である。

双方でアドセンスの広告を同じように貼っているのに、収益はまるで違う。収益のほとんどはオフィシャルブログのほうで、プライベートなこのブログでは一向に収益が上がっていない。
アクセス数の差もなくなり、同じように広告を配置しているのに、収益にかなり開きがあるのはなぜか?それについて考察してみた。

2018年12月のアドセンス実績データを検証

まずは数字から状況を把握する。アドセンス管理画面のスクリーンショットを公開することはポリシーに反するらしいので、大した数字ではなくお恥ずかしい限りだが表にしてみた。
GO!GO!!GO!!! ウラの裏
1.ページビュー 3,194 2,339
2.表示回数 16,522 11,034
3.クリック数 104 12
4.見積り収益額¥2,627 ¥409
これを見る限り、PV数・表示回数はさほど変わらないが、クリック数とそれに伴う見積り収益額が大きく差がある。

次に広告ユニット別に見積り収益額/クリック数を検証してみる。どちらもほぼ同じように広告を配置しているが、違うのは「GO!GO!!GO!!!」のみ関連コンテンツユニットを使用できる点だ。
GO!GO!!GO!!! ウラの裏
1.目次上リンクユニット ¥1,414/57 ¥105/5
2.関連コンテンツユニット ¥344/25 -
3.記事下 ¥324/7 ¥95/3
4.サイドメニュー右上¥224/4 ¥15/0
(上記以外の広告データは省略)
どちらもリンクユニットが最も収益率が良いが、やはりクリック数に圧倒的な差がある。ブログ訪問のユーザー数を増やすことが第一だが、少なくともどちらも同じレベルで収益をあげたい。

書き手と同じ目的の記事ではクリックされない

以前どなたかのブログで「アドセンスやブログ制作およびITに関する記事ではクリック数が上がらない」という記事を読んだことがある。収益率が上がらない原因はこれではないか?
アナリティクスで確認する限り、当ブログのランディングページの上位はほとんどがBloggerに関する記事だ。オーガニック検索でも「Blogger」という検索ワードが上位を占めている。

Bloggerに関することでネットを調べて当ブログにたどり着く人たちは、筆者同様アドセンスに関することやBloggerのカスタマイズについて調べている人がほとんどだろう。そんな目的を持った人が、果たして当ブログ内の広告をクリックするだろうか?また、IT関連では検索結果でズバリヒットした記事だけに興味があるわけで、そのページの広告を見る暇も余裕もないだろう。

一般的にクリック単価が高い記事のジャンルは以下の通りといわれている。
  • FXや仮想通貨など投資に関する記事
  • 不動産関連の記事
  • クレジットカードに関する記事
  • キャッシングに関する記事
  • 就職・転職に関する記事
上記のようなジャンルの記事を書こうとは思わないが、少なくともBloggerやアドセンスに関する記事ではPV数は上がってもクリックされないということがわかる。

まとめ

2つのブログの収益率の差を埋めるには、このブログの記事ジャンルを再考する必要がある。上記でわかる通り、ブログ、アドセンス、ITに関する記事では収益性は上がらない。それ以外の記事で、なおかつ誰かの役に立つ、あるいは興味を持って読んでもらえる記事作りが必要だ。

この記事以降ブログ、アドセンス、ITに関する記事は極力控え、本業(旅行)に関することを中心に書いていきたいと思う。
スポンサーリンク

コメント