「英会話」と「ダイエット」は日本人のウィークポイントを見事についたビジネス

英会話学習 イメージ

これはあくまでブログでの「独り言」なので、それを踏まえて読んでほしい。

テレビのCMに、英会話とダイエット関連が多いことに、お気づきだろうか?

ウェブサイトの広告はより顕著で、ダイエットと英会話に関する広告は実に多い。ブログでアドセンスを始めてから、この事例は余計に目につくようになった。

それはなぜか?

理由は簡単で、この2つは必ずと言っていいほど長続きしない。

そしてこのことは、双方のビジネスにとって、とても良いことなのだ。

英会話とダイエット広告がなくならない理由

理由は簡単だ。

まずは英語。島国に住む日本人は単一民族で、日常他の国の言語を話す必要がない。

しかし、海外旅行やビジネスにおいて、どんどん英語を話す機会が増えたため、なんとか「英会話をものにしたい」と思う。

一方、ダイエットについては、そんなに太っているわけではないのに「痩せている=美しい」という固定概念によって、何とか痩せたいと思う女性が多いらしい。

それが「1日たった〇〇分」とか、「1か月分がわずか○○円で」という宣伝文句につられて、「そんなに楽して痩せられるなら…」と、思ってしまうのだろう。

しかし、この2つにつられて試してみるものの、必ずと言っていいほど長続きしない。

新しい方法が出るたびに飛びつくのだが、次第に飽きてしまってやめてしまう。そのうちに、また広告やコマーシャルで、別の新しい方法を見つけると、

「これなら、次に海外旅行に行くときには、英語がペラペラだ!」
「これなら、痩せてスタイルが良くなる!」

と思ってまた飛びつく。

筆者にダイエットは不要だが、英会話については、常々ブラッシュアップしたいと思っている。そのため、もし簡単で安価な英会話習得法があれば、やはりやってみたいと思ってしまう。

だが、このことはビジネスにはとても良いことなのだ。そしてそれは、筆者の職業にも関連してくる。

英会話は「教科」ではなく「単なる会話」

英会話を例にとって考えてみると、誰もが思い当たる節があるだろう。

とにかく、日本人は英会話に弱い。

なぜなら、長い間学校では受験英語しか教えてこなかったから、「会話」に弱いのだ。

同時に英語は「教科」であって、つい最近まで「単なる言語=日常会話」として捉えられてこなかった。最初から、「教科」ではなく「会話」と捉えていたら、日本人の英会話習得はずいぶん変わったかもしれない。

筆者の世代では、英語は完全に「教科」であり、ひたすら文法や慣用句を詰め込むことが英語学習だった。

そんな世代が、手軽に海外旅行に行けるようになる。すると、今度は英語を「会話」として習得したいと思い、CMや広告の「超~簡単英会話!」と言った、魅力的な宣伝文句に引かれてしまう。

しかし悲しいかな、既に時遅しで、赤ん坊が耳から自然に会話を覚えていくようにはいかない。

日本人のウィークポイントを見事についたビジネス

英会話とダイエットは、「日本人のウィークポイントを見事についたビジネス」だ。

日本人に限らないかもしれないが、そのウィークポイントとは、

どちらも「三日坊主」「永遠の悩み」

だ。

上述の通り、どちらも長続きしないにもかかわらず、新しい方法や商品が出るたびに、「永遠の悩み」を解消できる「何か」があると思ってしまうからだ。

そして「長続きしない」ということに、常に英会話とダイエットに関するレッスンや商品が売れ続ける理由がある。

例えば、「完治する薬を販売していたら、製薬会社は成り立たない」という話を聞いたことはないだろうか?

それはあくまで都市伝説で、けっして真実だとは思わないが、「完結」はビジネスに結びつかない、という例えのかもしれない。英会話とダイエットも同様で、完結してしまっては、その時点でビジネスは終わってしまう。

「痩せたい!」という「永遠の悩み」と、「三日坊主」という、だれもが持ち合わせていそうなことが、英会話とダイエットのビジネスを完結させないから、いつのときも宣伝され続けるのだろうと考える。

英会話と海外旅行

空港 イメージ

筆者は、旅行会社を運営している。

近年は、インターネットで航空券や海外のホテルを、誰でも簡単に手配できるようになった。そうなると、旅行会社の存在価値は薄れてしまい、代理店を通さなくても、旅行手配を手軽にできると誰もが思ってしまう。

ハワイやグアム、また安近短な韓国や台湾ならそれで十分だろう。しかし、ちょっと複雑な日程の旅行をしたいと思うとき、また、身の回りに行ったことがある人がいないような国を訪れる時、やはり旅行会社を利用するのではないだろうか。

海外旅行には、最低限英会話が付きまとう。国によっては、英語以外の言語も必要かもしれない。だが、世界の標準語である英語さえ身につけていれば、だいたいの旅行は事足りる。

当たり前だが、英語は世界共通なのだ。

しかし、その世界共通の英語による会話「英会話」に、日本人は弱い。

これだけではないが、旅行会社の存在価値はそこにもあると思う。

海外の様々な情報を日本語で旅行者に伝え、その情報に対する対価を頂く。ときには、必要に応じて添乗員として同行する。通訳とは違うが、海外の常識や気を付けるべきことを、日本語で伝えてくれる旅行会社は、今後何十年たってもなくならないだろう。

だから、旅行業という職業にあきらめをつけて他の職業に就く人たち、今一度旅行業を見直してみてはいかがだろうか?

多くの人に夢を提供できる職業って、そんなにたくさんないと思う。

独り言なのでまとまりがないことはお許しを。

コメント

タイトルとURLをコピーしました