2大日本語Bloggerテーマ「Zelo」&「Orange Zelo」と「Vaster2」を比べてみる

ブログイメージ

このところGoogleのブログサービスBlogger周辺が賑わっている。Wordpressや「はてなブログ」を利用している人には関係ない話かもしれないが、実は知っておくといいというくらい進化を続けている。
Bloggerの難点のひとつとして、テーマ(またはテンプレート)が冴えなくて、かつ使いにくいという点があった。しかし日本語対応のレスポンシブテーマ「Vaster2」が、この点を解消してくれた。

そして今、新たな日本語テーマ「Zelo」が登場したことで、Bloggerがやたら賑わってきた。「Zelo」は2018年6月にリリースされたばかりにもかかわらず、8月に入ってその継承版「Orange Zelo」がリリースされた。
今回は日本語Bloggerテーマの両巨頭ともいうべき「Zelo」と「Vaster2」を自分なりに比べてみようと思う。

現在のBloggerを取り巻く状況

まず、その他のブログサービスを利用している人のために、またBloggerを使っているけれども知らないかもしれないBloggerの最新状況をまとめておく。
  • 2018年、全てのブログのhttps化が可能になった
  • 連携するGoogle Domainsを利用することにより、独自ドメインの取得が容易になった
Googleが提供するブログサービスだけあって、この2点は当然と言えば当然だろう。そして新しくアドセンスを始めたいという人が、以前よりはじめやすくなった。
さらに、Wordpressでは難しいphp構文を多少でも理解しないとカスタマイズしにくいが、Bloggerはその必要はない。htmlファイルを書いたり修正できれば、かなりカスタマイズが可能になる。その点は「はてなブログ」も同様か…。

実は筆者は2018年6月まで、Wordpressを利用してもう一つのブログを書いていた。しかしアドセンスを始めるため、新たにBloggerを利用してこの「ウラの裏」というブログを始めた。始めは慣れないBloggerの使い方に苦戦したが、アドセンスを始めるにあたり上記の2点は非常に強力なサポートとなった。なぜなら、この2点はアドセンスの承認を得るための重要な要素だからだ。

結論として、Wordpressではアドセンスの承認を得ることが出来なかった。会社で運営しているウェブサイトのサブドメインであることが原因だったが、自分の固定観念としてWordpressではアドセンスの承認は得にくい、という考えに至ってしまった。「はてなブログ」にも挑戦したが、同様に承認を得ることは出来なかった。

しかし、Bloggerでは新たにブログを始めてから1カ月弱で見事アドセンスの承認を得ることが出来た。これからブログを始める、そしてアドセンスを始める人は、

2018年現在、Googleアドセンスを始めるならBloggerが最強

ということを把握しておいたほうが良いだろう。

「Zelo」と「Vaster2」実例

Bloggerの新・日本語対応テーマ「 ZELO」作成しました【特徴紹介】
Vaster2|レスポンシブ対応済みのblogger日本語テンプレート
現在筆者が運営するこの「ウラの裏」のテーマは「Zelo」だ。そしてもう一つ運営しているブログ「GO! GO!! GO!!!」は「Vaster2」を利用している。テーマを時々変える人は良くいるだろうが、日本語Bloggerテーマの両巨頭ともいうべき「Zelo」と「Vaster2」を同時進行で利用している人はそうざらにはいないだろう。言い換えれば、手前味噌ではあるが筆者ほど両方の長所、短所を理解しているブロガーはあまりいない、ということだ。これから導入を予定している人にとって、筆者のブログを見比べてみればきっとどちらが自分のブログに合ったBloggerテーマかわかりやすいのではないかと思う。

どちらも導入は非常に簡単だ。また導入のためのアドバイスも詳しくサイト上で紹介されているので、一度Bloggerを触った人にはわかりやすいと思う。

Blogger純正テーマの難点は、見た目も使いやすさもさることながら、カスタマイズという点において非常に不便な点だ。Googleが提供しているにもかかわらず、アドセンスのコードをどこに入れたらいいのか、全く分からない。Wordpressでいうウィジェットにあたる、ガジェットを利用すればサイドバーやフッターなど、既定の位置にアドセンスを配置することはできるのだが、肝心の記事中にアドセンスを配置することが難しい。

「Zelo」と「Vaster2」はこの点を解消してくれた。カスタマイズに必要なhtmlファイルに、日本語で場所を示してくれている。日本語Bloggerテーマというのは、この点が最大の特徴ということだ。その他カスタマイズに必要な箇所にも日本語の注釈があるので、Blogger純正のテーマよりもアレンジしやすい。

今のところ、甲乙つけがたいといったところか。

実際に「Zelo」と「Vaster2」を比較した

では、それぞれを比較してみよう。比較のポイントは
  1. UI(ユーザーから見た使いやすさ)
  2. SEO対策
  3. Seach Consoleへの対策
の3点から比べてみることにする。

「Vaster2」

1. 個人的な感想だが、「Vaster2」はWordpressをかなり意識したテーマだと思う。筆者のもう一つのブログ「GO! GO!! GO!!!」を見てもらえばわかる通りだ。このブログは今年6月までWordpressで書いていた。Bloggerに移行するにあたり、見た目が大きく変わらないテーマを探していて行き着いたものだ。
しかしながら、PCで見る限りは問題ないのだがスマートフォンで見た場合のメニューの完成度が低いように感じる。

2. SEO対策については、主にページ読み込みスピードで考えたいと思う。アドセンスのコードをはじめjavascriptを多用したサイトでは、どうしても読み込みが遅くなる。「Vaster2」もご多分に漏れず、とくにスマートフォンで見た場合の読み込みスピードが遅い。

3. Seach Consoleへの対策は、ブログを管理している人なら誰でも悩むところだろう。特に構造化データエラーは検索順位に影響はないというが、なかなかエラーが消えない。
現在「Vaster2」を利用した「GO! GO!! GO!!!」の構造化データの状況は以下の通りだ。
Search ConsoleでVaster2の構造化データにエラーが出たので修正した」に書いた通り修正したのだが、いまだに全てエラーが消えるわけではない。

「Zelo」&「Orange Zelo」

実のところ、筆者は今後このブログのテーマを「Orange Zelo」に変更する予定なので、比較は「Orange Zelo」を中心に行う。
Blogger最強テーマ【OrangeZELO】の機能・特徴を紹介します
1. 見た目の使いやすさは「Zelo」、「Orange Zelo」ともに問題ない。スマートフォンで見た時も「Vaster2」よりスタイリッシュだ。特に「Orange Zelo」はカスタマイズ前のデフォルト状態でもそのまま使えそうだ。
メニューも「Zelo」は上からのスライドだが「Orange Zelo」は横スライドに変更され、より見やすくなった。

2. 「Orange Zelo」の最大の特徴は、ページ読み込みスピードだろう。作者自身サイト上でも書いている通り、より高速化に成功している。最近「Vaster2」が重たくなってきたなと思っていたところへ、この「Orange Zelo」のリリースだ。利用せずにはいられないだろう。

3. 構造化データへの対応も完璧だ。「Zelo」は「Vaster2」とさほど変わらないが、「Orange Zelo」については作者もテストツールで確認済みのようだ。

比較結果

既に上記に書いてしまっているが、今後筆者自身このブログのテーマを「Orange Zelo」に変更したいと考えるくらいだから、結果は「Orange Zelo」に軍配が上がる。
とはいっても、現状はまだ「Zelo」を利用しているため、今後「Orange Zelo」を導入したのち、改めてもう一度比較検討してみたい。

Wordpressの管理が難しいと考えている人や「はてなブログ」でなかなかアドセンスの承認を得られないという人、思い切ってBloggerに引っ越してきて一度Bloggerの日本語テーマ「Orange Zelo」を使ってみてはいかがだろうか?
スポンサーリンク

コメント