Googleアドセンスの実践的ブログ8~関連コンテンツユニットの使用が認められた

スポンサーリンク
関連コンテンツユニットイメージ
【関連コンテンツユニットイメージ】
アドセンスが始まってはや3か月、そして今月から2つ目のブログにもアドセンスの広告を貼ることが出来た。毎日のようにアドセンスの見積り収益額を見ては、もっとアクセスが集まらないかと日々検討している毎日だ。
そして昨日、アドセンスの最適化のお知らせのひとつに「関連コンテンツでコンテンツを宣伝する」という新しいタブが出来ていた。「関連コンテンツってなんだ?」と思い、いつものようにググってみたら、アドセンスの素晴らしい機能のひとつであることが分かった。

関連コンテンツユニットとは?

アドセンスによると以下の通り説明している。
関連コンテンツは、おすすめのコンテンツを宣伝するのに最適な無料のツールです。訪問者が関心を持っているコンテンツを簡単にアピールして、サイトに引き留めることができます。

関連コンテンツ ユニット内に外部の広告を表示できるため、増収を図ることも可能です。

関連コンテンツ ユニットで見込めるメリットを大まかにまとめると、次のようになります。
  • ページビューの増加
  • 訪問者のリピート回数の向上
  • 広告の表示回数と収益の増加
(アドセンス管理画面より引用)
早い話「ブログ内の関連記事を表示させつつ、広告を間に挟み込む」ことだ。よく記事下やサイドバーに「関連記事」を表示しているブログがあるだろう。その記事のひとつひとつの間に、ひょこっと同じような形で"記事内容に関連した"広告が挟み込まれる。ユーザーは記事のひとつと思い、興味を持ってその広告をクリックしてくれる確率が高くなるということだ。

上記画像は、筆者が管理するもう一つのブログ「GO! GO!! GO!!!」のスクリーンショットだ。同様に、記事下にすでに関連コンテンツユニットを貼っているので、試しに見てもらいたい。記事タイトルの下にはブログのドメインが記載されているが、広告についてははっきりと「広告」と記載されている。

これはアドセンス管理画面にも書いてある通り、ページビューやリピート数に大いに関係してくる。そしてそれにより今まで以上の収益が見込める、まさにアドセンスに書いてある通りだ。

なんてすばらしい広告ユニットだろう。

関連コンテンツユニットは誰でも利用できるもの?

アドセンス達人たちの記事によると、「関連コンテンツユニット」のお知らせはアドセンスが始まったばかりでは来ず、一定の条件を満たしたサイトのみが得られる特別な権利とのこと。

実際筆者は「ウラの裏」と「GO! GO!! GO!!!」の2つのブログを管理しているが、残念ながら「ウラの裏」にはまだ、この関連コンテンツユニットの使用が認められていない。

アドセンスヘルプには、「関連コンテンツユニットのご利用資格」が定められており、サイトのトラフィック量とページ数が最低条件を満たしていることが条件となっている。残念ながらこの最低条件の数値に関しては、どのサイトでも明らかにされていない。以前は月間10万PVのような人気サイトでないと認められなかったようだが、2017年頃からそのハードルはだいぶ下がったようである。だから筆者のブログのような、月間1万PVに行くか行かないかといった新米ブログにもお知らせが来たっていうわけか。

また、広告効果が得られると思われるサイトも条件の一つのようだ。はっきりとした基準はわからないが、「このサイトなら広告を出稿したら、宣伝効果があるよ」と認められた、ということになる。それはうれしい限りだ。この「ウラの裏」もはやく認められるよう、良質な記事を書き続けなければならない。

関連コンテンツユニットが利用できるかどうかの確認方法

アドセンス管理画面のホームに、上述のお知らせが来ることはもちろんのこと、このコンテンツユニットが利用できるかどうかは「設定」画面から確認できる。「自分のサイト」タブに「サマリー」と「コンテンツが一致」という項目が出来ていたら、「コンテンツが一致」をクリック。すると、関連コンテンツユニットを使用できるサイトのドメインだけが表示される。
上述の通り、2つのブログのうち「コンテンツが一致」に表示されているのは「GO! GO!! GO!!!」だけだ。

ちなみに筆者のアドセンス成績は、7月に入ってからブログが増えたためどうにかPVが1万に近くなってきたのだが、先日やっと「請求先住所の確認(いわゆるPINコードの発送通知)」が来たばかりだ。
GO! GO!! GO!!!」は旅行会社としてのウェブサイトを補充する旅行のブログなので、それなりに読まれることが多い。これからがアドセンス本番と言えそうだ。
スポンサーリンク

コメント