アクセスアップを目指しブログの自己点検をしてみた

スポンサーリンク

イメージ
このブログを始めて1か月半が過ぎた。当初の目的だったアドセンスにも合格し、これから本格的に展開していくところまで来た。しかし、アクセスは思ったほど上がっていない。当然と言えば当然だ、まだ30数記事しか書いていないのだから、訪れる人も限られる。
このまま無意味に記事数を増やすことは、ブログを運営する意味がない。そこで今のうちに、アクセス数が伸びるブログへと改善すべく自己点検をしてみた。

1.ブログを運営する目的は何か?

様々な人がブログのアクセスアップや収益化について書いている。それらを読んでみると、書き方云々の前に以下の点が徹底しているかどうかが基本だという。
  • 途中で辞めずに、長く運営し続ける。
  • ブログを運営する目的をはっきりと持つ。
ブログは書き続けることでアクセスが自然と上がる。例えば100記事書いたとする。すると1人がたった1記事だけに興味を持ったとしても、100記事なら100人がブログを訪れることになる。だからブログ運営の基本は、まず100記事に達することだ。
⇒現時点ではまだこのブログは30数記事程度なので、この点はまだ達成できていない。自己点検後、再び記事を増やすべく努力するしかない。

次にはっきりとした目的を持つ点だが、これはクリアしている。
会社でブログを別途運営していて、ウェブサイトへの誘導を図ることがそのブログのメインの目的だ。しかし、そこでは広告配信やアフィリエイトによる収益を上げることが出来ていない。
ブログで収益を上げることが出来るようになれば、会社のビジネスコンテンツのひとつとして確立できると考え、現在試行錯誤の途中である。書いていることは100%私的なことだが、「ウラの裏」は収益を上げるためのテストモデルという明確な目的がある。

2.人に読んでもらえる内容を書いているか?

先日もレガシーとなる記事を目指すなど、わかった風なことを書いてはいるが、書き上げたわずか30数記事は果たして不特定多数の人に「読んでもらえる」記事かどうか?
この点については、残念ながらほとんどクリアしていない。当初の目的であったアドセンス合格ばかりに気を取られて、無意味な記事を増やすことばかりしてきた。それは独りよがりの日記風なものが多く、誰かの役に立つ記事はほんの一部しかない。

改善点はまずここにあると思う。これまではよいとして、今後書いていく記事は読む人を想定・意識して(ペルソナというのだそうだ)書く必要がある。そして、全体としてこのブログのテーマをはっきりとさせることが重要だ。上述の目的は自身のもの、テーマは読む人のためのものだろう。
現在ブログの基本設定として、以下のように決めている。
  • タイトル「ウラの裏」
  • 説明「オフィシャルサイトでは書けないことを自由に書くブログ」
  • (個別ページとは別の)プロフィール「ギターと旅行とグルメが趣味の、とあるSOHO会社運営者です。」
なんのこっちゃ、初めて訪れた人はこのブログが何を書きたいのか全く分からないだろう。まずはここから改善していかなくては。

そもそも、会社のウェブサイトやブログでは書けないことを書きたい、ブログで収益を挙げたいということが「ウラの裏」を始めた目的だった。そしてオフィシャルなものでは書けない個人的なこと(趣味や日記風なこと)を、オフィシャルよりも自由に書きたいと思ったのだが、それは少し方向性を変えていくべきだろう。

現在Wordpressに対抗すべく、Bloggerの良さを実践しながらアピールしていく記事と、会社のウェブサイトを一から作った経験から、知っていたらブログにも役立つhtmlに関する記事は、かろうじて誰かの役には立ちそうだ。これをブログのメインテーマとし、それ以外は私的なことにしてももう少し「読み物」として確立できるよう、書き方を変えていこう。運営する会社のビジネスコンテンツを狙うなら、私的な内容ばかりではなくもう少しビジネスライクなブログに変えていくべきだ。

3.アクセスアップする記事の書き方

現在ブログでの収益化、あるいはアクセスアップに成功している人達のブログを見ると、おおよそ以下のようなことが鉄則として書かれている。

タイトルにキーワードを入れ、具体的要素(数字、場所、感想など)を加える

タイトルは検索で一番最初に見るところだ。ここでそのサイトを訪れるかどうかが決まる。だから具体的なタイトルを見て、その内容をもっと知りたいと思わせることが重要ということだ。

わかりやすくキーワードを入れたディスクリプションと、キーワードを入れた見出し(hタグ)をつける

これはSEO対策だろう。だがSEOばかり気にしていると、読んでもらえる記事はかけない。SEOよりは読みやすさを重視したほうがよっぽど多くの人に読んでもらえる。文章は小中学生でも読んでわかる書き方を目指すべきだ。

あやふやな表現(らしい、ようだ)ではなく、自分の考えをはっきりと書く

あやふやな表現ばかりでは、記事の信用性にもかかわるということだ。自分で書いているのか、だれかの真似をしているのかをはっきりとさせるべきだろう。

(出来れば)記事ごとの目次を用意する

アドセンス申請の時に目指したのは1記事につき1000~1500文字だった。文字数が多くなれば当然、目次でわかりやすくしたほうが読みやすいに決まっている。

SNSを活用し、ただ待つのではなく自分からシェアに向かう

SEOに最も貢献するのはキーワードやディスクリプションではなく、SNSだ。現在のウェブ上では、SNSによるネットワークは欠かせない。ただ無意味にSNSボタンを用意すれば、誰かがシェアしてくれる、という甘い考えではなく、自分が興味あるブログやSNSを積極的に訪れることで、財産となるネットワークが出来る。

それ以外にもテクニックはあるのだろうが、まずは王道を押さえるべきだ。点検してみると、タイトルや記事の書き方について何にもポイントを押さえていないことがわかる。

4.まとめ

ブログを開設してまだ1か月半という時期だからこそ、方向性を含めた修正が可能だ。仮に100記事以上に達していたら、このような自己点検をしながら改善していくなど、難しくなるだろう。
ネット上で調べた各ブログの達人たちの言葉をまとめたものではあるが、いずれの達人も実績に裏打ちされた自信を持って書いている。今は達人たちの言葉に倣い、方向性を正していくことが求められている段階なのだ。

明確なブログのテーマがあり、自己満足ではなく読んでもらえる記事を増やす、これ以外にアクセスアップへの道はない。
これはブログ初心者の、アクセスアップ実践記事なので、同じ境遇にある人は読んでみてほしい。
スポンサーリンク

コメント