Bloggerにサイトマップを設置 ~ 備忘録

Blog Image
イメージ
ブログにもサイトマップは必要らしい。インデックス登録のためのxmlサイトマップではなく、サイト全体の案内板である。しかし静的なウェブサイトならともかく、常に記事が更新されるブログでは、その都度更新しなくてはならず大変面倒だと思っていたら、大変良い記事を発見した。これもアドセンスへの挑戦のための一過程だ。

賢狼パニさんのブログ記事「Bloggerでサイトマップ(記事一覧)を自動で作成する方法」がその記事だ。さっそくこのブログに設置すべく、試してみた。

自動サイトマップ生成のjavascript

といっても、やることはとっても簡単だ。
プロフィールや問い合わせフォーム同様、サイトマップ用にページを新規作成する。そこに自動サイトマップ作成のためのjavascriptを貼りつけるだけだ。
サムネイルの表示、日付ごとのソートなど、自分の好みでアレンジできるので、ぜひ挑戦してみてほしい(自分自身も賢狼パニさんからそっくり教わっただけだが…)。

javascriptを作成してくれるサイトは以下をご参照あれ。

「blogger.toc」

このページで自分のブログのURL(https://以降でOK)を入れるだけ。ページ下の「Open Window」ボタンをクリックすると、自分のブログのページに貼る前のhtmlが表示される。表示されない時はどこか入力が間違っている。

そして肝心のjavascriptは、先ほどクリックした「Open Window」ボタンの下に表示される。これをコピーしてサイトマップ用ページに貼りつけるだけ。
ただし、賢狼パニさんによるとこのサイトは少々古いらしく、httpsに対応していないので、適宜修正が必要になるとのこと。
自分自身は賢狼パニさんの記事中に記載されていたデフォルトのjavascriptを一旦貼り付けておき、「blogger.toc」サイトで作成したjavascriptのうち、以下の部分だけを張り替えた(以下の下線部分)。

<script type="text/javascript">
var POSTSTOC_SETTINGS = {"blogURL":"www.ura-no-ura.com",
"sort":{"key":"title","order":"default"},"printby":"title"}
</script>

ちなみにxmlサイトマップはGoogleのSeach Consoleに登録済みであれば、簡単に作成できる。ネット上に存在するサイトはいずれもhtmlのサイトマップとxmlサイトマップの2つが必要なようだ。

アドセンスへの挑戦はまだまだ続く。

2019.7.3 追記

自動サイトマップ生成については、以下の方法がより良いので、ご覧あれ。

これは便利!Blogger向けのラベル別htmlサイトマップを自動生成

以前「Bloggerにサイトマップを設置 ~ 備忘録」でBloggerブログに自動生成サイトマップを設置する方法を紹介したが、このたびさらに便利な、ラベル別に分けて自動生成してくれるサイトマップの作成方法をウェブ上で見つけたので紹介する。

スポンサーリンク

コメント